« GOSICK 2 その罪は名もなき 桜庭一樹著 | トップページ | 天空の城ラピュタ ロボット兵(戦闘Ver) »

アヴァンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン 森田崇著

部屋主が人生でおそらく一番最初に憧れたのは「アルセーヌ・ルパン」ということで、ついつい購入してしまいました。

あんまり好きな絵を描く人ではないんだけど、この表紙はけっこう好きだったり。

アバンチュリエ(1) (イブニングKC) Book アバンチュリエ(1) (イブニングKC)

著者:森田 崇
販売元:講談社
発売日:2011/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ミステリの世界でホームズと並ぶ永遠のヒーロー、

アルセーヌ・ルパン。

紳士にして強盗、詐欺師、変装の名人。

世界で知らぬ者なき偉大なる冒険家(アバンチュリエ)の、誰も見たことがない冒険譚が幕を開ける―。

感想

うーん、普通ですね。

基本的に部屋主の大好きなポプラ社の児童書バージョンとほとんど変化はないという感じでしょうか。

特にガニマール警部をやりこめすぎてしまい、彼を心配してしまうあたりはルパンのいいところをうまく表現してくれてるかなと思いました。

やっぱりルパンはこうじゃないとねと。

逆に違和感を感じたのは、乳母のヴィクトワールに関してくらいでしょうか。もっと年寄りでルパンのことを心配してるってのは部屋主の中の彼女のイメージだったのが、作中ではルパンを支える綺麗なお姉さんといった感じに仕上がってました。

原作に忠実でありつつも「新訳」と銘打ってるので、今度どういう展開を見せるのかに期待しています。

「怪盗紳士」編からのスタートですが、「813の謎」とか「黄金三角」とか、はやく大きな話に入ってほしいです。

抜粋

「まっとうな人間として生きられないってのも

 辛いもんだねえ…」

ですねえ…

|

« GOSICK 2 その罪は名もなき 桜庭一樹著 | トップページ | 天空の城ラピュタ ロボット兵(戦闘Ver) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/40561356

この記事へのトラックバック一覧です: アヴァンチュリエ 新訳アルセーヌ・ルパン 森田崇著:

« GOSICK 2 その罪は名もなき 桜庭一樹著 | トップページ | 天空の城ラピュタ ロボット兵(戦闘Ver) »