« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 16 キラー・クイーン | トップページ | Fate/stay night 3巻 »

GOSICK 4 愚者を代弁せよ 桜庭一樹著

微妙微妙と思いつつも買ってしまう。

そんな作品。

GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫) Book GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

季節は初夏。

今日も図書館塔最上階、秘密の小部屋で読書にふけるヴィクトリカの頭上に、金色の書物が落ちてきた。

そこには<未来の汝よ。我は愚者なり。そして汝、愚者の代弁者となりて、我が愚かなりし秘密を暴け!>とメッセージが。

時を同じくして学園にやってきた謎の人物。

そして時計塔で起きた密室殺人…

知恵の泉のもと、すべての謎が一つになるとき、王国の禁忌が白日のもとに!?

感想

やっぱり微妙でした。

これまでも色んな作品のパクりパクりという印象でしたが(それもレベルの低いところで)、今回は「ラスプーチン」、「オペラ座の怪人」、「ゴーストハント」のパクりという感じが。

なのでというかなんというか、いつもながらミステリとはあんまり認めたくはないと(レベルのショボさも含めて)。

とはいえ、ちゃんと伏線は張っててそれはしっかり回収するという構図だけはしっかりしてるんですよね。

ううむ。

キャラ萌えとしては相変わらずヴィクトリカにアブリルが可愛く(二人のやりとりを読んでるとついニヨニヨしてしまいます)、セシル先生も今回はけっこういい感じでした。

というかこういう萌え部分が目的で買ってる気も。

物語としては色々と伏線が回収されて、そしてまた新たな伏線が登場するという感じで、そこまで面白いという感じではないけれど、面白くないというレベルではなくというなんか複雑な印象。

ということでたぶん次も買ってしまいそうな感じ。

通勤電車で読むのにちょうど良いし。

|

« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 16 キラー・クイーン | トップページ | Fate/stay night 3巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/40692620

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK 4 愚者を代弁せよ 桜庭一樹著:

« 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 16 キラー・クイーン | トップページ | Fate/stay night 3巻 »