« ブログラム 3 | トップページ | 7SEEDS 20巻 田村由美著 »

GOCICK 5 ゴシック ベルゼブブの頭蓋 桜庭一樹著

なんのかんのでやっぱり買ってしまいましたと。

GOSICKV−ゴシック・ベルゼブブの頭蓋− (角川文庫) Book GOSICKV−ゴシック・ベルゼブブの頭蓋− (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

<君は、わたしを捜せないかね…?>

あの日の囁きが予告であったkのように、突然学園から消えたヴィクトリカ。

遠くリトアニアの修道院“ベルゼブブの頭蓋”に幽閉され、ゆっくりと弱ってゆく彼女を救うため、一弥はひとり旅立った。

豪華列車で出会った奇妙な客たち、遠い戦争の記憶。

謎の夜会“ファンタスマゴリア”の血塗られたショー。

かつてこの地で何が起こったのか。

そして一弥とヴィクトリカの運命は―?

感想

これまでと同じです。

非常に読み易い、ミステリとしては最低、物語としてはそこそこ面白い、キャラ萌えとしてそれなりに楽しめるといった感じです。

とはいえ今回はミステリとはもはや呼べず、物語としてはそれなりに進むものの、それが面白いかと問われると微妙と。

キャラ萌えとしては、けっこうアブリル好きな部屋主としては、ヴィクトリカばかり押される今巻は正直ちょっと…って感じでございました。

ラストには次巻のプロローグが入るという小説としてはけっこうというかかなり珍しい形態。

内容が内容だから、これできちっと終了してると今後買ってくれないことを見越しての構成だったら見事かもしれない。

こういう終わり方でなければこれでもう購入を止めてる可能性が無きにしも非ずだったので。

ううむだ。

抜粋

「神などいないのだよ、最初から

 いればこのようなおおがかりな戦争など起こるはずがない」

嫌がらせ好きな神様が起こしてるなんていう皮肉を言うひともいますけどどっとなんでしょうかね。

「もしかしたら君にだって、そういうこと、あっていいじゃないか

 大切な誰かに出逢うため、それだに」

くさいっす。

|

« ブログラム 3 | トップページ | 7SEEDS 20巻 田村由美著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/40748656

この記事へのトラックバック一覧です: GOCICK 5 ゴシック ベルゼブブの頭蓋 桜庭一樹著:

« ブログラム 3 | トップページ | 7SEEDS 20巻 田村由美著 »