« 続・星守る犬 村上たかし著 | トップページ | 戦争大臣 Ⅲ 吸血博士 遠藤徹著 »

阪急電車 有川浩著

mixiの方の友人が映画が面白かったと言っていたのと、ちょうどこの映画に登場する阪急今津線を使っていたので、色々と懐かしくなって購入してみました。

阪急電車 (幻冬舎文庫) Book 阪急電車 (幻冬舎文庫)

著者:有川 浩
販売元:幻冬舎
発売日:2010/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

隣に座った女性は、よく図書館で見かけるあの人だった…

片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。

乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、

やがて希望の物語が紡がれる。

恋の始まり、別れの兆し、途中下車―

人数分のドラマを載せた電車は

どこまでは続かない線路を走っていく。

感想

有川さんの作品は初めてだったのですが面白かったです。

こういう人と人とが一つの場所で次々に出会っては繋がっていくというタイプの連作短編が大好きです(大好きな「街」というサウンドノベルを思い出したり)。

また、リアルにこの路線を使ってたというのがやはり心のツボにハマっての高評価です。

なんせ各駅の風景や街の雰囲気とかが実によくわかるし、昔の気持ちやらなんやらも思い出すもので。

非常に読み易く(ライトノベルチック)で、読後はほっこり暖かく、もしくは爽やかな気持ちになれました。

映画版も見たくなりました、とはいえ、映画も見てるし、小説も読んでるしの知人は、やはり小説版の方が面白かったとの情報も(ちなみにその人も阪急今津線の沿線住み)。

ということで各場面感想。

まず阪急南口駅。

恋人を同僚に寝取られた女性が、相手の結婚式に討ち入りするお話。

いやまぁ、この状況と行動が男前過ぎでしょう。

それが阪急逆瀬川駅につながるのがまた面白いと。

「それだけのことをされて

 相手を呪わずにいられるなんて聖人くらいのものよ

 行動力があって後悔しない決意があるなら

 殴り返したほうがよほどすっきりするわ

 呪うには呪うだけの覚悟と贖いが要るものよ

 あなたは我が身を傷つけてまで呪ったんでしょう

 だとすればその決意に

 他人が賢しげに説教なんかできるものじゃないわ」

おばあちゃんしぶすぎ。

それに対する「私、新婦より相当美人なんです」という返事がまた素敵すぎると。

「他人に、どれだけ傲慢で浅ましいことを

 言っていると思われても構わない

 私はどんな手段を使ってもあの二人を呪いたかったんです 

 一生に一度の晴れの日を

 一生に一度の呪われた日にしてやりたかったんです」

「いい根性だわ」

ここの一連の流れが大好きだったりです。

で、北口駅の微笑ましい二人の話が実にほっこり。

お次は折り返しの甲東園駅。

バカ男だけど男前。

バカは嫌だけどこういうのは好きだな。

ラストは折り返しの逆瀬川駅。

これは実に痛快。

「人間は得ですよね 犬よりうるさくても

 犬みたいにケージに入れられなくて済むんですもの」

よくぞ!という感じです。

抜粋

「考えてみたらあたし、

 けっこう知らん人たちに救われてんねんなぁ」

「あたしも色々間違ったほうや嫌なほうに行きそうなとき

 行きずりの人から色んな言葉をもらってん」

「あなたみたいな女の子は

 きっとこれからいっぱい損をするわ

 だけど、見ている人もいっぱいいるから

 あなたのことをカッコいいと思う人もいっぱいいるから」

|

« 続・星守る犬 村上たかし著 | トップページ | 戦争大臣 Ⅲ 吸血博士 遠藤徹著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪急電車 有川浩著:

« 続・星守る犬 村上たかし著 | トップページ | 戦争大臣 Ⅲ 吸血博士 遠藤徹著 »