« 魔法少女 まどか★マギカ 2巻 | トップページ | 魔法少女 まどか★マギカ 3巻 »

GOSICK ゴシック 桜庭一樹著

mixiの方の知人が面白いと言ってたのと、アニメ化したのということで、ミーハーな感じで購入してみました。

GOSICK  ―ゴシック― (角川文庫) Book GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

前世紀初頭、ヨーロッパの小国ソヴェール。
極東の島国から留学した久城一弥は、
聖マルグリッド学園の図書館塔で奇妙な美少女ヴィクトリカと出会った。
彼女の頭脳は学園の難事件を次々解決してゆくが、
ある日ヴィクトリカと一弥は豪華客船に招待され、
そこで本物の殺人事件に遭遇してしまう。
やがて彼ら自身に危機が迫った時ヴィクトリカは―!?

感想

微妙な感じ。

正直ライトな感じがしてたゆえ

そんなに期待してなかったりだったのですが、
(最初の方はあまりのライトさに読むのに心が折れかけた)
豪華客船内での殺戮がはじまって多少面白くなってきた。
(こういう閉鎖空間での殺戮という設定が私は大好物)

が、殺戮も特に目新しさはなくどこがで見た感じ止まりだし、

(もっとここはホラー要素が欲しかった)

それでいいのかってくらいのレベルで

登場人物が一気に消えたり、
展開にもなんのヒネリもないしで。

(過去と現在が入り混じる書き方だが特に何もなかったり
 まさかの魔少年ビィーティーネタが出てきたりに驚愕)

とはいえいくつかの伏線が最後に回収されたりと、
ミステリとしてはある程度体裁は整ってるかなと。

同じライトミステリとしては心霊探偵八雲を思い出したが
(読み易さやマンガの方が合いそうという点が似てる)
部屋主的としてはこちらの方がミステリとしては好きかなと。
(作品としての好みはどっちもどっちかなと)

今のところ。

ヴィクトリカと久城の関係ですが、
思ってたより久城が男前だったのがよかったかなと。

完全に彼が尻にしかれていたら、
きっと2巻目を買うことはなかったかなと。

抜粋

「自分より弱いものを守れ
 自分が弱くても無理して守れ」

うん、この教えは素敵。

|

« 魔法少女 まどか★マギカ 2巻 | トップページ | 魔法少女 まどか★マギカ 3巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/40465255

この記事へのトラックバック一覧です: GOSICK ゴシック 桜庭一樹著:

« 魔法少女 まどか★マギカ 2巻 | トップページ | 魔法少女 まどか★マギカ 3巻 »