« 7SEEDS 19巻 田村由美著 | トップページ | ルミとマヤとその周辺 2巻 ヤマザキマリ著 »

キングダム 21巻

表紙は趙軍・大将軍の「廉頗」です。

キングダム 21 (ヤングジャンプコミックス) Book キングダム 21 (ヤングジャンプコミックス)

著者:原 泰久
販売元:集英社
発売日:2011/02/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

老若各省、迸る覇気。

蒙恬・王賁との共同作戦で廉頗四天王の輪虎を追い詰める信。

一方、秦六将と渡り合った生ける伝説廉頗が自ら最前線へと姿を現す!!

感想

面白かったです。

信vs輪虎の一騎打ちも良いですが、先の先を読み二転三転する姜燕vs王翦、廉頗vs蒙驁の因縁対決という大きな戦闘も実に熱いです。

いつもながら、よくまぁこんな戦の方法を考え付くものだと思います。

ということで各画面感想。

まず信vs輪虎。

「俺はそれよりもさらに上を目指してる

 だから

 こいつは俺が超えなきゃならねェ壁なんだ!!

決死の戦いの中で成長し、自らの限界を超える。

その必死で頑張る姿が熱いです。

お次はつっこんでくる輪虎隊にぶつかる飛信隊。

1P半ぶち抜きで、大軍の中に「飛」の旗がはためき、信の剣がキラリと光るところがあるのですが、そこが妙にツボです。

カッコいいです。

お次は廉頗。

大軍の前にたった一人で現れ、思いっきり敵将をおちょくる姿が素敵です。

「乗り 悪し ヌハハ」にはつい笑ってしまいました。

んで、それをきっちり受けきる蒙驁もいいです。

「変わっておらぬわ それはそれでうれしいわィ」

何十年を経ても変わっていない二人の本質的なもののやりとりもいい感じですね。

そして最後は蒙驁。

かつて負け続けた天才を破るために、あるかどうかもわからない機会のために何十年も研いだ刃。

いーいところで終わってます。

|

« 7SEEDS 19巻 田村由美著 | トップページ | ルミとマヤとその周辺 2巻 ヤマザキマリ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングダム 21巻:

« 7SEEDS 19巻 田村由美著 | トップページ | ルミとマヤとその周辺 2巻 ヤマザキマリ著 »