« 7SEEDS 9巻 田村由美著 | トップページ | 7SEEDS 10巻 田村由美著 »

キングダム 14巻

14巻の表紙は飛信隊の面々です。

キングダム 14 (ヤングジャンプコミックス) Book キングダム 14 (ヤングジャンプコミックス)

著者:原 泰久
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

多少ネタバレ注意です

あらすじらしきもの

龐煖、単身の奇襲。

戦況を優位に進めていた秦軍であったが、闇に乗じた趙軍の奇襲に被害が拡大。

趙軍総大将・龐煖の前になす術もない飛信隊を逃がすため、羌瘣と信が戦いを挑むが・・・!?

感想

非常によかったです。

圧倒的な武力を持つ龐煖との戦いの単純な面白さ、決死の逃避行の緊張感、そして死。

泣けました。

ということで各場面感想。

まず羌瘣vs龐煖は単純ですが面白かったです。

お次は飛信隊vs龐煖。

切り替えの早い信がよかったですね。

「同じ人間には変わりねェ

 思いっきりぶった斬ればあいつは死ぬ

 斬って死ぬんだったら倒せる」

「言われなくても危ねェことはわかってる

 だがそれでも戦るしかねェ

 ここで逃げてるようじゃ天下の大将軍なんて夢のまた夢だ」

これまでは無謀な特攻ばっかりだったのが、ちゃんと集の力を使ってという成長を見せてる信がまた良いと。

この辺りはもう男の血が騒ぎまくりです。

次はこの巻のハイライト、飛信隊の頑張り。

最初は3人による盾での防御。

涙・汗・涎まじりと、その必死さがどう見ても笑いを誘うような表情なのに、見ていて泣けるという。

一般的には下で長々抜粋する彼の場面が一番泣ける場面だと思うのですが、部屋主的にはここの3人の頑張りが一番ツボだったりします。

次は尾兄弟(兄)。

「まだ何も終わってねェ」

「友達として」

隊の長として、何より友として、信を助けるためぼろぼろの身体で囮になる。

男です。

次いで彼。

「お前は最初っから将軍になるっつってて

 俺達はみんなでお前をバカにした

 本気でなれると思うか?将軍に

 わかりきったことだが

 下僕が将軍になるってのは並大抵のことじゃない

 実際戦場に出て感じたよ

 正に“夢”みたいな話だってな

 一体どんだけの死地を乗り越えりゃたどり着くんだ?

 一つでもしくじれればそこで死んで全部終わりだ

 だけどお前は生き残った

 隊の皆が命をかけてお前を守ったからだ

 命令でもないのに命がけで…

 それはふつうのことじゃねェ

 ふつうの隊長にはできねェよ

 だから思ったんだ

 信は本当に将軍になれるって

 仲間込みで・・・お前の力だ

 俺は・・・お前の友達で本当によかったと思う

 お前といっしょにいるとずっとワクワクしっぱなしだった

 本当に楽しかった

 今夜けっこうな仲間が死んだかもしんねェが下向く必要はねェ

 戦争やってんだ死人は出るさ

 いいんだよ

 みんなお前と一緒に夢を見てェと思ったんだ

 それでいいんだ

 ・・・これかもお前はそうやって

 大勢の仲間の思いの乗せて天下の大将軍にかけ上がるんだ

 絶対・・・なれるぞ・・・」

涙をこらえるので必死でした。

そして戦闘終了後。

「なんでお前が謝るんだよ

 お前らも泣くな

 泣くことはねェ

 こいつはやり遂げた

 立派に役目をやり遂げたんだ

 だから・・・涙はいらねェ

 こういう時は・・・笑って・・・ほめてやるんだ

 ほ 本当によくがんばったなァっ・・・って・・・・・・」

溢れる涙を止めきれませんでした。

最後に信と王騎。

「・・・今は深く考えねェようにしてる

 今 そこを考えるとその場にうずくまって

 足が前に出せそうにない

 だけど死んだ奴はんなこと望んでねェんだ

 絶対に

 だから今はどうやって戦って武功をあげるか

 ・・・それしか考えてねェ」

「武将への道は犠牲の道です

 そこを乗り越える度に

 人も隊もより強くより大きくなるのです

 ・・・そうならねばなりません」

この手の物語には欠かせないベタな場面ですが、描き方によっては物語全体の説得力がなくなってしまうという危ない場面でもありました。

実に巧みにというか、熱く乗り切ってくれたと思います。

|

« 7SEEDS 9巻 田村由美著 | トップページ | 7SEEDS 10巻 田村由美著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キングダム 14巻:

« 7SEEDS 9巻 田村由美著 | トップページ | 7SEEDS 10巻 田村由美著 »