« キングダム 13巻 | トップページ | 7SEEDS 9巻 田村由美著 »

7SEEDS 8巻 田村由美著

表紙は夏Aチーム選抜隊の面々です。

7SEEDS 8 (フラワーコミックスアルファ) Book 7SEEDS 8 (フラワーコミックスアルファ)

著者:田村 由美
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

人類の存亡をかけ発動された「7SEEDS」計画。

その貴重な人類として選抜されるため、教育を受ける子供達がいた。

刻一刻と迫る人類存亡の時を前に、最終試験がついに始った。

仕組まれた災害が彼らの命を次々と奪っていく。

生き残り、未来へと旅立つ7人に選ばれるのは、果たして誰に!?

感想

いつもながらこう書くと微妙に語弊があるかもですが実に面白かったです。

それぞれに用意された試練、作られた災害。

物語の他の困難な場面と違って、この選抜試験は人の意思によって行われているというところが、実にエグいです。

だからこそ読んでいて面白いともいうわけですが。

ということで各場面感想。

まず要さんと安吾。

「君は誰も強制なんかしていないのに

 強制されてると思い込んでしまうんだね

 そころにルールがあると思うんだ

 本当は自分の好きにしていいんだよ 何もかも

 自分で考える癖をつけようね」

ようやく自分で考えることに気付いた安吾。

いい感じです。

次は繭と小瑠璃。

「気がつけば助かるし

 うっかりしたら死ぬかもしれない

 今あなたにできることは同じミスをしないことだよ」

繭、カッコいいです。

次はあゆ。

「もうちょっとせいせいするかと思ったんだけど」

因果応報とはいえ、なんといえばいいか。

そして今巻のハイライト、繭、雹、小瑠璃。

「今ここにたった独りじゃなくてよかった」

「大丈夫 きっとできるから

 他の誰にもできなくても

 あなたにはできるから」

自分の命の尽きる瞬間まで友達のことを想える。

これほど気高いことはないと思います。

涙が止まらないです。

「こんな状態であたしに連絡くれて

 ずっと励ましてくれたんだね

 最後の時にあたしの心配をしてくれた

 あなたたちはなんて強くて優しいんだろう」

|

« キングダム 13巻 | トップページ | 7SEEDS 9巻 田村由美著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7SEEDS 8巻 田村由美著:

« キングダム 13巻 | トップページ | 7SEEDS 9巻 田村由美著 »