« キングダム 11巻 | トップページ | 鳥葬の山 夢枕獏著 »

7SEEDS 5巻 田村由美著

5巻の表紙は夏Bチームの「蝉丸」と「ナツ」です。

この2人らしい構図ですね。

7SEEDS 5 (フラワーコミックスアルファ) Book 7SEEDS 5 (フラワーコミックスアルファ)

著者:田村 由美
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「7SEEDS」それは地球上の生命が死に絶えたときのために選ばれた若者たちの総称だった。

冷凍睡眠から覚めた彼らは信じられない現実と戦いながら、救援物資がある7つの富士を目指していた。

すれ違う彼らはかすかな生存者の痕跡に一喜一憂する間もなく、新たな問題に直面することに・・・!?

感想

面白かったです。

新しく登場するチームとの邂逅に、あの人の再登場。

しかもあれから15年て。それだけで泣けますわ。

もちろんここでの展開も。

でもって、もどかしいくらいにニアミスする嵐と花。

BASARAの時もそうだったけど、こういうのを描かせると巧いね。

ということで各場面感想。

まず蝉丸。

火起こしの達人になってたで笑ってしまいました。

お次は秋チームとのやりとり。

「人間が平等じゃないってホントさ

 こういう場合に生きる力のある人とない人がいるんだよ

 一度寝込んだら サボったら 止まったら

 二度と立ち上がれなくなるのサ

 それをあの2人は尻を叩いてくれてるんだ

 間違ったやり方なのは知ってるよ」

「見てくればいい 絶望ってやつを

 それでもまだ笑えるなら 笑ってみせろ」

「どうか そのまま前向きでいて下さい どうか

 何を見ても 何を失くしても 

 希望を見続けたまま どうか どうか―」

それぞれの考え方の違いがいい感じです。

お次は蝉丸と嵐。

いつの間にか嵐を信頼している蝉丸がとても可愛いですね。

次は嵐の過去話。

「花が無事ならオレに傷なんかつかない」

男前です、嵐。

そしてあの人。

「いつか会えると思ってました

 信じてた

 初めて眠れるよ 心地好く」

こんな仕打ちを受けても、

「自分で死んじゃダメだよ

 あなたは独りじゃない

 そんな言葉は普通の日常に使ったらとても白々しいけど

 でもここでは ここでは

 とても素晴らしくて 大切なことなんだ

 あなたたちは独りじゃない」

泣けます。

多くのことを諦めながら生きてきた彼が好きなだけに。

抜粋

「生きていれば会える 会えると思えば歩けるんだ!

 オレはまだあきらめてない」

「自分のために生きられないんなら

 人のために生きるって手もあるから」

|

« キングダム 11巻 | トップページ | 鳥葬の山 夢枕獏著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7SEEDS 5巻 田村由美著:

« キングダム 11巻 | トップページ | 鳥葬の山 夢枕獏著 »