« 水滸伝 8 青龍の章 北方謙三著 | トップページ | 水滸伝 9 嵐翠の章 北方謙三著 »

連続殺人鬼カエル男 中山七里著

「樽井」さんの「樽井さんの読書&電化よもやま日記」で見かけて、面白そうだったので購入してみました。

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫) Book 連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)

著者:中山 七里
販売元:宝島社
発売日:2011/02/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶらさげられた女性の全裸死体。

傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。

街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。

警察の捜査が進展しないなか、第二、第三の殺人事件が発生し、街中はパニックに・・・

無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?

警察は犯人をとめることができるのか?

感想

実に面白かったです。

まずタイトルに惹かれ、表紙を気に入りました。

内容に関してはいい意味で期待を裏切られました。

正直、残酷とか面白とかいう要素を期待していたのですが、ミステリとして非常に質がよい上に、内容の重さや構成も素晴らしいものに仕上がっていたと思います。

まず残酷描写ですが、これは実によかったです。

第二の殺人は、殺害の結果描写が実にグロくてよかったです。

第三の殺人は、殺害の結果と被害者のチョイスがベストマッチしていて実によかったです。

もちろんまさかあの人がこういう風に殺されるとはという意味での意外性を評価しているのであって、この属性に関する人がこういう風に殺される事件には、正直反吐が出るとは思ってますので。

特にこの少し前の「ありがとう」エピソードが部屋主的にツボったもので余計に。

(「何の飾り気もない単純な言葉は抵抗なく胸に刺さる」のところ)

次に緊張感ですが、あの刑事さんvsあの人、あの刑事さんvsあの人は、実に面白く、まさに手に汗を握りながら読みました。

だた、暴動場面に関しては、緊張感よりもイライラが募りましたね。

特に解決方法は、最初の方にそれをやれよと思ったものでよけいに。

ミステリとしましては、部屋主好みのどんでん返し系で、何度も返されるこういう構成は大好物です。

実はかなり早い段階で、犯人とその動機には確信をもって想定していたのが、ばっちりと当たっていたのですが、それに至る過程が実によかったので、逆に自己満足をさせていただいたという感じです。

アレに関してはちょっとやりすぎの感もありますが、そういうことの危険性はこのブログで過去に何度も訴えてきたことがあったりです。

って、ネタバレしすぎですね。

そして刑法39条について。

これを物語にうまくからませることによって、この作品は実に深く重いものになってると思います。

このブログでも過去に何度もこの法についての本を紹介したりしてきましたが、この物語では実に巧く計算されてこれが使われています。

これを読んで色々と考えていただければ幸いです。

「正常か異常か。

 白か黒か。

 不安な人間ほど区別したがるものでしてね。

 そんな二分法に陥ると思考停止になってしまう。

 思考停止の果てに行き着くものは、判断力皆無の操り人形です」

「人一人を殺めた人間が心神喪失という理由だけで刑罰を免れるのはやはり間違っている。

 病気が治ってから改めて裁判を受けそしてしかるべき処罰を受けるべきだ。

 裁判を受けるのは権利であり、罰を与えられて罪を償うのも実は義務ではなく権利なのだ。

 三十九条という法律は患者を救うのではなく、患者からその権利を奪うものではないか、と。

 そういう考え方もあるのです」

「この世には完全な健常者もいなければ完全な異常者もいない。

 俺はついこの間、それを知りました。

 どんな人も心の奥に凶気を飼っている。

 ところが、その奥底に隠れている凶気が何かの弾みでひょいと表に出る時がある。

 そしてそれを見た周りの人間がこいつは異常者だとレッテルを貼って自分たちから一刻も早く遠ざけようとする。

どうして、そんなに大騒ぎするのか。

 答えは簡単、自分もそうなる可能性があることを知っているからだ。

 だから、人はその狂気を飼いならそうとして努力する。

 自分を善なる者に踏み留めようとして闘う」

抜粋

「本当に自分よりも大切な存在だったら、

 たとえ縁が切れても幸せになって欲しいと思います」

「善意の道は地獄に通じるって言葉、知ってる?

 本当にその人のことを思うのなら、助言はしても助力はしない」

「賢しらに正義を振りかざすつもりはない。

 ただ、自分以外に護る者がいるのなら、

 それは決して無意味な闘いではない。

 そして護り通すためなら、どんな脅威や不幸や暴力にも立ち向かっていける。

 それがたとえ自分一人であったとしても」

「嘘ってのは他人のために吐くんじゃない。

 大抵は自分に吐いているんだ。

 そうやって嘘吐きは自分の首を絞めていく」

|

« 水滸伝 8 青龍の章 北方謙三著 | トップページ | 水滸伝 9 嵐翠の章 北方謙三著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/38872903

この記事へのトラックバック一覧です: 連続殺人鬼カエル男 中山七里著:

« 水滸伝 8 青龍の章 北方謙三著 | トップページ | 水滸伝 9 嵐翠の章 北方謙三著 »