« ダーク・ゾーン 貴志祐介著 | トップページ | 連続殺人鬼カエル男 中山七里著 »

水滸伝 8 青龍の章 北方謙三著

本日も水滸伝。

水滸伝 8 青龍の章 (集英社文庫 き 3-51) Book 水滸伝 8 青龍の章 (集英社文庫 き 3-51)

著者:北方 謙三
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

解珍・解宝親子は、祝家荘に大量の兵が入っていることに気づく。

官軍が梁山泊の喉元に巨大な軍事拠点を作ろうとしていたのだった。

宋江、呉用らはそれを阻止しようとするが、堅固な守りと、張りめぐらされた罠によって攻め切ることができない。

勝利を確信した官軍に対し、梁山泊は軍が繰り出した秘策とは。

最初の総力戦が、いま幕を開けようとしていた。

感想

面白いことは面白いけど、これまでと比較すると微妙に落ちる感じ。

ちょっとダラダラと長すぎる感が。

まずは李富。

なんかちょっと哀れ。

馬桂はいい気味。あれくらいはよくぞやってくれたといった感じ。

お次は鄭天寿。

フラグが立ちまくってるのはわかったけど、あれはないわと。

んで、聞煥章。

なんかイメージと変わってきた感じ。

人間としてはいい感じなんだけど、敵キャラとしてはちょっと物足りなくなるのではとちょっと心配。

最後は呉用。

悩む軍師。やっぱり好きだわ。

抜粋

「いたずらに老いる生は、時のせいではなく己の生である」

「私は生ききっていない。
 楽な人生に安住してほんとうに生きてはいない。
 このところそんな気がしてならん。
 生きていると思いたいのだ」

|

« ダーク・ゾーン 貴志祐介著 | トップページ | 連続殺人鬼カエル男 中山七里著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水滸伝 8 青龍の章 北方謙三著:

« ダーク・ゾーン 貴志祐介著 | トップページ | 連続殺人鬼カエル男 中山七里著 »