« 水滸伝 2 替天道行の章 北方謙三著 | トップページ | 水滸伝 3 輪舞の章 北方謙三著 »

作者不詳 ミステリ作家の読む本 三津田信三著

お気に入り作家である三津田信三氏の絶版になって入手できてなかった作品が待望の文庫化、ということで購入しました。

と、いつもながらの村田修氏の絵がたまらんです。

今回は作中の挿画もあり、いつも以上にホクホクです。

画集でも出てくれればいいのだけれど出そうにないから、厭魅~や首無~の文庫版も購入してしまったのは内緒の話。

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫) Book 作者不詳 ミステリ作家の読む本 (上) (講談社文庫)

著者:三津田 信三
販売元:講談社
発売日:2010/12/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

作者不詳 ミステリ作家の読む本 (下) (講談社文庫) Book 作者不詳 ミステリ作家の読む本 (下) (講談社文庫)

著者:三津田 信三
販売元:講談社
発売日:2010/12/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの(上巻)

杏羅町。

地方都市の片隅に広がる妖しき空間に迷い込んだ三津田は、そこで、古書店<古本堂>を見いだす。

ある日、親友の飛鳥新一郎を伴って店を訪れた彼は、奇怪な同人誌「迷宮草子」を入手する。

その本には「霧の館」を初め、7編の不思議な作品が収録されていた。

あらすじらしきもの(下巻)

謎と怪異は、同人誌「迷宮草子」から溢れ出るように―

尚も読み進める三津田と飛鳥信一郎の周囲の異変は激しさを増していく。

解き明かさなければ破滅が待つ。

二人は“本”の恐怖から逃れることができるのか。

最終和「首の館」の扉が開く。

収録

一話 霧の館

二話 子喰鬼縁起

三話 娯楽としての殺人

四話 陰画の中の毒殺者

五話 朱雀の化物

六話 時計塔の謎

七話 首の館

感想

面白かったです。

基本的に短編は長編と比較して好きではないのですが、こういった連作短編(と書くと微妙に違うかもだが)ならOKです。

部屋主がこの作者が好きな理由の独特の怖さに関してはさほどではなかったのが残念といえば残念ですが、短いながらもしっかりとしたミステリを楽しめました。

また筆者お得意のアレが今回もあったのはうれしいですね(毎度むりくりな感じもしますが、なんかもう水戸黄門の印籠みたいな感じが好きになってたり)。

ラストに関しては、不満点というかそれでいいのかと思うところはあるものの、いつもながら巧いなぁと感心。

オチに関しましては、映画化して大ヒットした某有名ホラー小説とかぶるので特に驚きはなくでした。

ちなみにこの某有名ホラー小説のこの設定には度肝を抜かれましたが。

あと、この作品を読んで、以後の同著者の作品の原点(と書くと語弊があるかもだが)がここにあるなとも感じたり。

ということで各作品の感想を簡単に。

一話 霧の館

面白かった&巧いなと。

最初の短編ゆえあまり考えなしに読んでしまったのがちょっと残念。

まぁじっくり考えながら読んでも気づけたとは思えないけど。

二話 子喰鬼縁起

これは好き。

でもって短い中によくこれだけ詰め込めるなぁと。

推理に関してはオチまでバッチリ。

三話 娯楽としての殺人

これは微妙。

キモにはけっこう早い段階で気づく。

が、ラストのアレは読めず。

というかあれでOKなのかと納得いかず。

消化不良。

内容的には好きなのだがね、特に前半は。

四話 陰画の中の毒殺者

これも微妙。

確かにその通りなんだが、ちょっと強引な感じがして。

五話 朱雀の化物

やられました。

あれだけヒントがあったうえ、同著者のあの作品を読んでたのに気付けないとは。

自分の馬鹿さ加減に凹みました。

六話 時計塔の謎

これは正直ミステリとしてはどうかと思います。

謎解きパートの少なさからして作者自身もそう思ってるんじゃないかなと。

とはいえなんかノスタルジックな雰囲気に関しては好みで、どうにも昔を思い出してしまい、「事件よ起こるな」と思ってしまいました。

七話 首の館

これは面白い&巧いなと。

犯人、トリックと両方ともわかならかったです。

言い訳としては上下巻を合わせて一気読みしてたんで、この頃には思考力がかなり低下していた云々…

ううむ、口惜しいっす。

|

« 水滸伝 2 替天道行の章 北方謙三著 | トップページ | 水滸伝 3 輪舞の章 北方謙三著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/38511062

この記事へのトラックバック一覧です: 作者不詳 ミステリ作家の読む本 三津田信三著:

« 水滸伝 2 替天道行の章 北方謙三著 | トップページ | 水滸伝 3 輪舞の章 北方謙三著 »