« 慟哭 貫井徳郎著 | トップページ | クラインの壺 岡嶋二人著 »

瓶詰の地獄 夢野久作著

読みました。

瓶詰の地獄 (角川文庫) Book 瓶詰の地獄 (角川文庫)

著者:夢野 久作
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

極楽鳥が舞い、ヤシやパイナップルが生い茂る、南国の離れ小島。

だが、海難事故により流れ着いた可愛らしい二人の兄妹が、この楽園で世にも戦慄すべき地獄に出会ったとは誰が想像したであろう。

それは今となっては、彼らが海に流した三つの瓶に納められていたこの紙片からしかうかがい知ることは出来ない・・・

収録

・瓶詰の地獄

・人の顔

・死後の恋

・支那米の袋

・鉄鎚

・一足お先に

・冗談に殺す

感想

作品によって当たり外れが大きかった。

物語の結末がしっくりこないのが多かった。

・瓶詰の地獄

短い短編ながらも色んな風に想像をかきたてるラストがよい。

こういうラストはいまいち好きでないし、最初はこれで終わり?って感じだったけど、なんか後からジワジワきた。

多分ラスト2行の巧さだと思う。

さすがだ。

あとタイトルも素敵。

・人の顔

可もなく不可もなくといった感じ。

・死後の恋

森の虐殺シーンがよかった。

アレから特に宝石が出てくるところは悪魔的な耽美さがあった。

物語的にも短いながらしっかりしてて○。

・支那米の袋

いまいち好みではなかった。

・鉄鎚

最初の方に期待したほどではなかった。

ラストはこの解釈であってるんだろうか・・・

・一足お先に

うーん、いまいち。

ラストの解釈はこれでいいのだろうか・・・

タイトルは好き。

・冗談に殺す

わかるようなわからんような。

ラストの解釈はこれでいいのだろうか・・・

|

« 慟哭 貫井徳郎著 | トップページ | クラインの壺 岡嶋二人著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/37089446

この記事へのトラックバック一覧です: 瓶詰の地獄 夢野久作著:

« 慟哭 貫井徳郎著 | トップページ | クラインの壺 岡嶋二人著 »