« 蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション8 | トップページ | ひだり 倉阪鬼一郎著 »

災園 三津田信三著

「禍家」「凶宅」に続く、「家」シリーズ3部作の最終章。

災園 (光文社文庫) Book 災園 (光文社文庫)

著者:三津田 信三
販売元:光文社
発売日:2010/09/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

幼くして養父母を亡くした奈津江は、実姉と名乗る祭深咲に伴われ、実父が運営する施設<祭園>に引き取られた。

そこに暮らすワケ有りの少年少女たち。

廃墟と化した<廻り家>と呼ばれる奇怪な祈祷所。

得体の知れない何かが棲む黒い森・・・

奈津江の出生の秘密か明かされるとき、惨劇は幕を開ける。

感想

なかなかに面白かったです。

これまでの2作と基本的な構造は同じですが、主人公は少女となり最年少。

いくらなんでもこの年齢でその頭の回転の速さや大胆な行動はないだろうとこれまで以上につっこんだことは言うまでもありません。

でもって、前2作同様のアレももちろん。

わかったのもいくつかあったのですが、ラストの2人アレはわからんかったです。

作者お得意の展開上のアレも健在。

「如き」シリーズではひっかからなかったかもですが、「家」シリーズでもやってくれるとは嬉しい誤算。

一つ目のアレは推理通りだったのですが、もう一段階あるとは予想してなかったです。

まぁ、してやられたということなのです。

あれだけ色々とヒントがあったのにと書いてて悔しくなりました。

あと、他シリーズとの妙なつながりは今後も気になるところですね。

恐さに関しては、そこまで恐くはないものの、やはり三津田さんの後ろから迫ってくるの感じの恐怖の描写は実に好きです。

|

« 蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション8 | トップページ | ひだり 倉阪鬼一郎著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/36735978

この記事へのトラックバック一覧です: 災園 三津田信三著:

« 蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション8 | トップページ | ひだり 倉阪鬼一郎著 »