« セピア色の凄惨 小林泰三著 | トップページ | TRICK×LOGIC 1&2 »

人造救世主 小林泰三著

読みました。

人造救世主 (角川ホラー文庫) Book 人造救世主 (角川ホラー文庫)

著者:小林 泰三
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:E

あらすじらしきもの

女子大生のひとみは、留学生のジーンと共に古都の寺院を訪れていた。

そこに西洋風の同じ顔を持つ者たちが突如出現し、建造物を破壊し始め、ひとみ達にも襲い掛かる。

2人の窮地に現れたのはヴォルフという謎の男。

ヴォルフは単騎、その集団に戦いを挑むが・・・

寺院を破壊する謎の集団の目的とは?

<一桁>と呼ばれるヴォルフの正体とは?

感想

ダメでした。

今後の展開にはある程度の期待はできそうですが(続編出るのか?)、とりあえずコレはダメでした。

オチが相当早い段階でわかってたし、オチに対する周囲の対応がなんじゃそりゃって感じで。

全体的なラノベ的な雰囲気もどうにも。

まぁ表紙からしてダメかなぁとは思ってはいたのですが・・・

|

« セピア色の凄惨 小林泰三著 | トップページ | TRICK×LOGIC 1&2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/36645016

この記事へのトラックバック一覧です: 人造救世主 小林泰三著:

« セピア色の凄惨 小林泰三著 | トップページ | TRICK×LOGIC 1&2 »