« 双頭の悪魔 有栖川有栖著 | トップページ | ロシア紅茶の謎 有栖川有栖著 »

46番目の密室 有栖川有栖著

読みました。

新装版 46番目の密室 (講談社文庫) Book 新装版 46番目の密室 (講談社文庫)

著者:有栖川 有栖
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家・真壁聖一。

クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。

彼は自らの46番目のトリックで殺されたのか・・・

感想

微妙でした。

面白くないことはないのですがなんかしっくりこないです。

前からずっと感じてたことなんですが、本格は本格、でも有栖川さんはなんか違うそんな感じ。

そう感じるのはなぜか。

なんか明るいんですよね、全体的な雰囲気が。

ううむです。

|

« 双頭の悪魔 有栖川有栖著 | トップページ | ロシア紅茶の謎 有栖川有栖著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/36637623

この記事へのトラックバック一覧です: 46番目の密室 有栖川有栖著:

« 双頭の悪魔 有栖川有栖著 | トップページ | ロシア紅茶の謎 有栖川有栖著 »