« 火車 宮部みゆき | トップページ | 12月~4月の購入漫画本1 ジャンプ編 »

ウォーレスの人魚 岩井俊二

「ウォーレス」に反応して購入してしまいました。

ウォーレスの人魚 (角川文庫) Book ウォーレスの人魚 (角川文庫)

著者:岩井 俊二
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

あらすじらしきもの

ダーウィンと同じく進化論を唱えたイギリスの博物学者ウォーレスは、『香港人魚録』という奇書を残して1913年この世を去る。

2012年、セントマリア島を訪ねた雑誌記者のビリーは、海難事故で人魚に遭遇する。

マリア1号と名付けられたその人魚は、ジェシーという娘に発情してしまう。

2015年、沖縄の海で遭難した大学生が、海底にいたにも拘わらず、3ヶ月後に無事生還する。

人はかって海に住んでいたとする壮大な説を追って、様々な人間たちの欲求が渦巻く。

感想

実に面白かったです。

進化論は好きな分野なので、「ウォーレス」のことも(人魚のことは知りませんでしたが)、「ホモ・アクアリウス」仮説も知ってましたが(特に調べたわけではないですが、けっこうこの説は好きで信憑性もあるのではと思ってたりします)、この2つがこうも巧く1つの物語として織り上げられているとは。

物語的にもしっかりしていて、ラストまで気になる展開(この手の物語としてはありきたいといえばそうなのですが)、ページをめくる手がとまらないといった感じでしたね。

そして人魚の生態。

おぉ、そうきたかといった感じ。

高周波能力についてはちょっと微妙な感じがしますが(なぜそうなってるかの説明が希薄すぎる)、アレに関してはそうきたかと。

映像でアレのシーンを再現してほしいと思ってしまいましたよ。ホラー映画に属するグロ映像になるかと思いますが。

あと、黄金の孤独に関するくだりなんかも好きですね。

オススメです。

色んな人に読んでもらいたい1冊ですね。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 火車 宮部みゆき | トップページ | 12月~4月の購入漫画本1 ジャンプ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/33282872

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーレスの人魚 岩井俊二:

« 火車 宮部みゆき | トップページ | 12月~4月の購入漫画本1 ジャンプ編 »