« 13階段 高野和明 | トップページ | DDD 1 奈須きのこ »

虫とりのうた 赤星香一郎

帯の「ホラー?ミステリー?得体の知れないこの恐怖は一体?!」と、41回メフィスト賞受賞の文字に惹かれて購入しました。

虫とりのうた (講談社ノベルス) Book 虫とりのうた (講談社ノベルス)

著者:赤星 香一郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

小説家を目指す赤井は、ある日河川敷で必死に助けを求める少女と出会う。

知らない男に追いかけられていると訴える少女。

だが、男は少女の父親だと言い張る。

助けようとする赤井だったが居合わせた大人たちに少女を男に返せと言い含められ、その場をやり過ごしてしまう。

そして後日、少女が男に殺害されたことを知って罪の意識に苛まれ彼女の葬儀に参列。

そこで「虫とりのうた」という奇妙な歌にまつわる都市伝説を耳にした・・・

感想

かなり微妙でした。

ホラーパートの気持ち悪い感じはまずまずよかったのですが、それ以外がまるで駄目でした。

とにかく主人公の頭の悪さ加減には辟易とします。

最初の方はともかく、クライマックス時のアレに気づかないっぷりにはビビります。

いくらなんでもこれはないわと。

出だしはけっこう面白かったのですが、後半にいくにつれて面白さが失せていくという。

なんか凄い残念な作品です。

また「この小説には、作中で解明されていない秘密がかくされています。その秘密に気づいたあなたは、なぜ事件が起こったのか、本当の理由を知ることでしょう」という、作者の挑戦のようなことが最初に書いてあるのですが、これがさっぱりわからない。

というか色々と謎が残ってて(シンクロ、寺のこと、黒沼家のこと、予言について、巨人について、などなど)、どれのことを指してるのかがわからないと。

知ってる人、よかったら教えてください。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 13階段 高野和明 | トップページ | DDD 1 奈須きのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/33037121

この記事へのトラックバック一覧です: 虫とりのうた 赤星香一郎:

« 13階段 高野和明 | トップページ | DDD 1 奈須きのこ »