« 占星術殺人 島田荘司 | トップページ | 虫とりのうた 赤星香一郎 »

13階段 高野和明

知人が面白いと言ってたので購入。

47回江戸川乱歩賞受賞作。

13階段 (講談社文庫) Book 13階段 (講談社文庫)

著者:高野 和明
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。

その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。

だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に蘇った「階段」の記憶のみ。

しょけいまでに残された時間はわずかしかない。

2人は無実の男の命を救うことができるのか。

感想

なかなかに面白かったです。

先の展開や真犯人などはかなり簡単に推理できるのが残念といば残念ですが、全体的によくまとまっていて読みやすかったです。

また日本の死刑制度や裁判制度に関する問題提起的な部分があるのも○ですね。

火曜サスペンス劇場とか向きの社会派ミステリという印象の作品でした。

抜粋

「犯罪は、目に見える形で何かを破壊するのではない。人々の心の中に侵入し、その土台を抜き取ってしまうのだ」

「日本の裁判制度が抱える問題だった。死刑相当事件を冒した場合、1人でも多くの人間を殺した方が真理が長引き、被告人は長生きできる」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 占星術殺人 島田荘司 | トップページ | 虫とりのうた 赤星香一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/33036312

この記事へのトラックバック一覧です: 13階段 高野和明:

« 占星術殺人 島田荘司 | トップページ | 虫とりのうた 赤星香一郎 »