« 4月の読了本 | トップページ | 暗黒館の殺人4 綾辻行人 »

暗黒館の殺人3 綾辻行人

読みました。

暗黒館の殺人〈3〉 (講談社文庫) Book 暗黒館の殺人〈3〉 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

恐ろしき浦登家の秘密がついに語られる。

十八年前の<ダリアの日>に起こった不可解な事件―初代当主・玄遥の殺害。

幼少の玄児が目撃した怪人物は、不可解な状況下で忽然と姿を消した!?

死に抗う妄念が産んだ館。その深奥で謎はいよいよ縺れ深まり・・・

美しい双子姉妹を、信じがたい悲劇が襲う!

感想

なかなかに面白かったです。

2巻のラストくらいからいい感じになりはじめ、この3巻は部屋主の好みの暗い展開だったのでよかったです。

伏線が徐々に収束していくのがいいですね。

こういう風にいろんなところに貼られた伏線が回収されていくのは好きなので、基本的に長編が好きです。

さすがにこれは長いですけど。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 4月の読了本 | トップページ | 暗黒館の殺人4 綾辻行人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/29092096

この記事へのトラックバック一覧です: 暗黒館の殺人3 綾辻行人:

« 4月の読了本 | トップページ | 暗黒館の殺人4 綾辻行人 »