« 暗黒館の殺人3 綾辻行人 | トップページ | 3月の購入漫画本 »

暗黒館の殺人4 綾辻行人

読みました。

暗黒館の殺人〈4〉 (講談社文庫) Book 暗黒館の殺人〈4〉 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

血塗られた浦登家の系譜を受け継ぐ者は誰?

漆黒の館を包み込むのは断罪の炎か。

逆転に次ぐ逆転の果て、とうとう事件は明らかになったかに見えたが・・・

感想

これまでの作品と比較して少々ずるいかなと思ったけど、全体的にはやはり面白かったですね。

トリックそのものにはけっこう早い段階で当たりをつけてたのですが、他にもあれもこれも伏線だったのだと驚きました。

最初に少しずるいかなと書いたけれど、これだけ伏線を張ってるなら、フェアといえばフェアかもと思うくらいです。

この作品だけでも楽しめますが、これまでのシリーズをちゃんと読んでから読むことをオススメします。

シリーズを通して読んできた方が楽しめるところが多いので。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 暗黒館の殺人3 綾辻行人 | トップページ | 3月の購入漫画本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/29652342

この記事へのトラックバック一覧です: 暗黒館の殺人4 綾辻行人:

« 暗黒館の殺人3 綾辻行人 | トップページ | 3月の購入漫画本 »