« モーフィアスの教室4 黄昏の王女 三上延 | トップページ | 性別逆転バトン »

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 麻耶雄嵩

読みました。

翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫) Book 翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

著者:麻耶 雄嵩
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

あらすじらしきもの

感想

非常に面白かったです。

文章にくせがあるのか多少読みにくい感じですが、それを補ってあまりある展開を見せてくれます。

途中のいくつかのどんでん返しにラストの伏線回収の見事さ(ネタバレ寸前までわかりませんでした、ネタ元は知ってたはずなのに)、でもって締めくくり方。

よかったです。

タイプの違う二人の名探偵が出てくるのも良かった点ですね。メルカトル鮎も木更津も特徴があって面白いです。

でも1番好きなのは木更津の助手の香月君です。こういうスタンスは好きですね。ちゃっかりあんなことにもなってしまってますし。

それにしてもこれがデビュー作、そして21か22歳くらいの時の作品だというから驚きです。

世の中すごい人がいるものです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« モーフィアスの教室4 黄昏の王女 三上延 | トップページ | 性別逆転バトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/29660609

この記事へのトラックバック一覧です: 翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 麻耶雄嵩:

« モーフィアスの教室4 黄昏の王女 三上延 | トップページ | 性別逆転バトン »