« ガスト 日替わり1 | トップページ | ガスト日替わり3 »

ノロイ 小林雅文の取材ノート 林巧

読みました。

ノロイ―小林雅文の取材ノート (角川ホラー文庫) Book ノロイ―小林雅文の取材ノート (角川ホラー文庫)

著者:林 巧
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

あらすじらしきもの

怪奇実話作家、小林雅文の自宅が全焼した。焼け跡から妻の死体が発見されたが、小林の姿はなく、いまだに行方不明のままである。

彼は、ある村に伝わる呪いの儀式を追っていたようだ。それは現代にも息づいているという。

本書は残された彼の取材ノートを元に書き起こした、真実の恐怖の物語である。

感想

いまいちですかね。

呪われた村とか呪いの儀式とか、部屋主的に大好物な設定なのですが、全体的に盛り上がりと深さにかけますね。

真夜中に読んでいたので多少怖さが割り増しでしたが、それでもそんなに怖いというわけではないですね。

映画も怖いし小説も怖いという噂を聞いたのでとりあえず読んでみたのですが、終わり方も含め全体的にいまいちな印象です。

とりあえず近いうちに映画版も探してみたいと思います。小説ではいまいちでしたが、映像化すると怖い要素もあるかなと感じましたので。

|

« ガスト 日替わり1 | トップページ | ガスト日替わり3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/29030092

この記事へのトラックバック一覧です: ノロイ 小林雅文の取材ノート 林巧:

« ガスト 日替わり1 | トップページ | ガスト日替わり3 »