« ポテトチップス わさびマヨ | トップページ | サンマイ崩れ 吉岡暁 »

入らずの森 宇佐美まこと

読みました。

入らずの森 Book 入らずの森

著者:宇佐美まこと
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

「事故で陸上選手生命を絶たれた中学教師、家庭崩壊で転校してきた女子中学生、Iターン就農を目指す初老の男。無関係だった人生が「禁断の森」で交錯した時、平穏な日常が狂い始めた・・・」

「平家の落人伝説、漂白の山の民、因習の小集落・・・期待の大型新人が日本の原風景が残る山村を無題に人間の狂気と再生を描く、瞠目の野心作」

感想

好きですね、こういう作品は。

まず設定が好きです。

「漂白の山の民」「因習の小集落」「禁断の森」でもって「アレ」の存在。

大好物です(貴志さんの「天使の囀り」的な作品かと思います)。

物語的には特にトリックが使われてはいませんが、伏線を色々と張ってそれをしっかり回収してるあたりは好感が持てます。

ただ小さくまとまりすぎてる感はあるかなと。特にクライマックスの「アレ」との対峙はけっこうあっけなかったですし(最後「アレ」がちぎれるのが巧みだと思いましたが)。

新人さんということですので今後に期待です。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« ポテトチップス わさびマヨ | トップページ | サンマイ崩れ 吉岡暁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/28820505

この記事へのトラックバック一覧です: 入らずの森 宇佐美まこと:

« ポテトチップス わさびマヨ | トップページ | サンマイ崩れ 吉岡暁 »