« 時計館の殺人 綾辻行人 | トップページ | 元カノから・・・ »

黒猫館の殺人 綾辻行人

読みました。

黒猫館の殺人 (講談社文庫) Book 黒猫館の殺人 (講談社文庫)

著者:綾辻 行人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

6つめの「館」への招待状―自分が何者か調べてほしい。

推理作家鹿谷門実に会いたいと手紙を送ってきた老人はそう訴えた。

手がかりとして渡された「手記」には彼が遭遇した奇怪な殺人事件が綴られていた。

しかも事件が起きたその屋敷とはあの建築家中村青司の手になるものだった。

感想

面白かったです。

今回はキモになるトリックが部屋主的には2つあり、一つは早い段階であたりをつけていたのが当たったのですが、もう一つの方は、アレは何を意味するのかと疑問に想っていたのですが、アレが意味するところの知識がなく(これは恥ずかしい)ほとんど謎解き直前までさっぱりわからなかったりでした。

なので、その後の伏線回収がいつも以上に巧いなぁと思ってしまったわけです。

ただ、殺人等の展開におどろおどろしさが足りないというのが少し不満といえば不満だったりです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 時計館の殺人 綾辻行人 | トップページ | 元カノから・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/28740731

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫館の殺人 綾辻行人:

« 時計館の殺人 綾辻行人 | トップページ | 元カノから・・・ »