« ガスト 日替わり5 | トップページ | 12月の読了本 »

少女 湊かなえ

デビュー作「告白」がなかなかよかったので購入。

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド) Book 少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)

著者:湊 かなえ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「高2の夏休み前、
 由紀と敦子は転入生の紫織から衝撃的な話を聞く。
 彼女はかつての親友の自殺を目にしたというのだ。
 その告白に魅せられた二人の胸にある思いが浮かぶ―
 『人が死ぬ瞬間が見たい』。
 由紀は病院へボランティアに行き、
 重病の少年の死を、
 敦子は老人ホームで手伝いをし、
 入居者の死を目撃しようとする。
 少女たちの無垢な好奇心から始まった夏が、
 複雑な因果の果てにむかえた衝撃の結末とは?」

感想

微妙でした。

色々と因果という伏線を張っているのだけど、かなりわかりやすすぎでした。

読みながらこれはここと結びついて、ラストでこうなってというのがドンピシャ。

ここまで読みきれるのも珍しい気がしました。

でもってこの設定は「夏の庭」と似てる、と思いました。ゆえにどうにも二番煎じという感がいなめないと。

ニヒリスティックというかアイロニカルというかシニカルというか、そういう視点で書かれてる部分が多いのだけど、どうにもこうにも重さが足りないとも。

少女の独白チックの文体で書かれているから、ねらって軽くしているのかも知れないけれど。

あと、部屋主自身が早い段階で人の死に触れたことがあったゆえ、主人公の少女たちにいまいち共感できなかったというのもポイントだとも思います。

巧いと思う部分もあるけど、全体的にはスイーツ(だっけ?)な印象。

抜粋

「自分は不器用だという人の大半は、
 気が利かないだけなのだ」

「あんたがそれほど不幸だと言うなら、
 わたしとあんなの人生をそっくりそのまま入れ替えてあげる。
 それに抵抗があるうちは、
 あんたはまだ、
 世界一不幸ってわけじゃない」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« ガスト 日替わり5 | トップページ | 12月の読了本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/28424196

この記事へのトラックバック一覧です: 少女 湊かなえ:

« ガスト 日替わり5 | トップページ | 12月の読了本 »