« 入らずの森 宇佐美まこと | トップページ | 大連続狩猟モンハンバトン »

サンマイ崩れ 吉岡暁

第13回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作ということで読んでみました。

サンマイ崩れ (角川ホラー文庫) Book サンマイ崩れ (角川ホラー文庫)

著者:吉岡 暁
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらきもの

熊野山地の集落で台風によう山崩れが起こった。

パニック障害と離人症性障害のために入院中だった僕は、いてもたってもいられなくて、病院を抜け出した。

現地対策本部で出会った不思議な老人ワタナベさんと二人の消防団員とともに、土砂崩れで流された墓地の応急処置に向かうが・・・

書き下ろし短編「ウスサマ明王」もあわせて収録。

感想

まずまずですかね。

「サンマイ崩れ」の方は途中でオチに気づきました。

で、巧いなぁと思わずに某有名外国映画のパクり(日本版)じゃねぇの?って思ってしまいました。

でも、僕のニヒリスティックな独白(?)がけっこうツボでした。

「ウスサマ明王」は、「バイオハザート」的なアクションものとでもいいましょうか。

すごい面白いということはないですが、スピード感がありまずまず楽しめました。

下で抜粋するような悪意も好きですし。

でもこの設定も「うしおととら」の藤田さんのデビュー作にそっくりだったりで・・

抜粋

『「家族の理解と温かく見守る家族の姿勢が、患者さんの治癒には最も有効です」なんてことをしゃあしゃあと書く「ウツ本」の作者の家族に「患者さん」はいないものだ』

「人の考えうる最も忌むべき悪意です・・・相手をいつまでも死なさない。同時に、相手の子孫を少しずつ、枝打ちでもするように時間をかけて滅ぼしていく・・・」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 入らずの森 宇佐美まこと | トップページ | 大連続狩猟モンハンバトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/28820833

この記事へのトラックバック一覧です: サンマイ崩れ 吉岡暁:

« 入らずの森 宇佐美まこと | トップページ | 大連続狩猟モンハンバトン »