« 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 | トップページ | べジータ ベジタブルスナック »

臨床真理 柚月裕子

「このミステリーがすごい!大賞」の「第7回大賞受賞作」。
ということで購入してみました。

臨床真理 (このミス大賞受賞作) Book 臨床真理 (このミス大賞受賞作)

著者:柚月裕子
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D



あらすじらしきもの

臨床心理士の佐久間美帆は、勤務先の医療機関で藤木司と言う二十歳の青年を担当することになる。

司は、同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺を受け入れることができず、美帆に心を開こうとしなかった。

それでも根気強く向き合おうとする美帆に、司はある告白をする。 少女の死は他殺だと言うのだ。 その根拠は、彼が持っている特殊な能力によるらしい。

美帆はその主張を信じることが出来なかったが、司の治療のためにも、調査をしてみようと決意する。

美帆は、かつての同級生で現在は警察官である栗原久志の協力をえて、福祉施設で何が起こっていたのかを探りはじめる。

しかし、調査が進むにつれ、おぞましい出来事がが明らかになる。

感想

正直期待外れにも程があるという作品でした。

ミステリは好きで色々な可能性を視野に入れて読むのですが、特になんのひねりもなく終わってしまった感じです。

臨床心理学や精神医学は、学生時代やその後もけっこう勉強しているから、タイトルに惹かれたというのもあるけど、(心理を真理に置き換えてるのに少々立腹してたり)そっち系の何かが巧みに用いられているというわけでもなかったのが残念です。

また、登場人物たちもけっこう無茶苦茶します。 正直ひきました。

評価できるのは臨床心理学や精神医学というものが、使いようによってはこの事件のようにリアルに非常に危険だとうことに、少し警鐘を鳴らしている点でしょうか。

ちなみにこのあたりの危険性については私は学生の頃に、現在臨床心理士をやってる同級生・先輩・後輩たちを相手に議論をふっかけまくってたところでもあります。

どういう危険性については多少ネタバレになるからいまいち書けませんが、まぁ少し考えれば誰でもそう思うことかと。

とりあえず現在の日本における「心」の取り扱いについては、非常に問題が多いのは確かです。

しっかりとしたガイドラインや法整備をせねばならないと思うけど、それをすること自体が非常に難しいと。

ううむですね。

抜粋

「本音で向き合っていく。
 決して逃げない。
 だから、私に何でも話して。
 どんなことがあっても。
 私はあなたを見捨てない。
 そばにいるから」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 | トップページ | べジータ ベジタブルスナック »

コメント

心って本当に難しいですよね・・・

と書き始めて、しばらくパソコンの前で
うーん・・・と考え込んでしまいました。(;^_^A
すみません、コメントになってなくて。(^^;)ゞ

投稿: カレン | 2009年2月20日 (金) 19時23分

>カレンさん
ほんとに難しいです。
それを扱う学問なのですが、
けっこう微妙なことが多いのですよね(^^;

投稿: シン@部屋主 | 2009年2月24日 (火) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/28140484

この記事へのトラックバック一覧です: 臨床真理 柚月裕子:

» 精神科医療の荒廃 [ブログ論壇]
先日、私のブログを開設させてもらっているサイバーエージェント社の 「アメーバニュース」にある記事が掲載された。まずはその記事を読んで欲しい。 初デートを90%以上の確... [続きを読む]

受信: 2009年2月20日 (金) 16時13分

« 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 | トップページ | べジータ ベジタブルスナック »