« 雪だるまのパン | トップページ | 変な学術研究2 エドゥアール・ロネ »

心霊探偵八雲3 闇の先にある光

読みました。

心霊探偵八雲3  闇の先にある光 (角川文庫) Book 心霊探偵八雲3 闇の先にある光 (角川文庫)

著者:神永 学
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

八雲にまた新たな相談が持ち込まれた。

なんでも、飛び降り自殺を延々と繰り返す、女性の幽霊が出るという。

しぶしぶ調査を引き受ける八雲だったが、そんな八雲の前に〝死者の魂が見える〟という怪しげな霊媒師が現れる。

なんとその男の両目は、燃え盛る炎のように、真っ赤に染まっていた!?

敵か視方か、八雲と同じ能力を持つ謎の男の正体、そして事件の真相は!?

感想

まずまず面白いです。

感想はこれまで同じく、本格ミステリとライトノベルの融合、そしてちょっぴりホラーといった感じでしょうか。

今回は今まで(1~3)で一番トリックがわかりやすかったように思います。

そういう意味で密室系のトリックは、想像するのは難しいということを再確認しました。

そこに考えがいたると、犯人が一発でわかってしまうので。

にしても強姦事件が扱われると、胸が締め付けられるような嫌悪感を抱くのですが、女性の方はもっと苦痛なな。

ううむです。

抜粋

「自分の信じてないもの=存在しないでは、方向を見誤ります」

「事件において、先入観を持つことほど危険なことはない。あらゆる可能性を視野に入れないと、足をすくわれることになる」

「人はいつだって、目の前にある大切なことに気づけない。そうやって悲劇を繰り返す」

「必ず希望があるというのが戯言なら、全てが闇だというのもまた戯言です」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 雪だるまのパン | トップページ | 変な学術研究2 エドゥアール・ロネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/27859345

この記事へのトラックバック一覧です: 心霊探偵八雲3 闇の先にある光:

« 雪だるまのパン | トップページ | 変な学術研究2 エドゥアール・ロネ »