« 爽冷マンゴー | トップページ | 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 »

ジョーカー・ゲーム 柳広司

スピリッツで漫画化したゆえ、そっちの印象がつく前に原作を当たってみました。

ジョーカー・ゲーム Book ジョーカー・ゲーム

著者:柳 広司
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

「結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校〝D機関〟
 『スパイとは〝見えない存在〟であること』
 『殺人及び自死は最悪の選択肢』
 これが結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。
 軍隊組織の信条を真っ向から否定する〝D機関〟の存在は、
 当然、猛反発を招いた。
 だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く『魔王』―結城中佐は、
 魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、
 陸軍内の敵をも出し抜いてゆく」

感想

なかなかに面白かったです。

5編の作品からなる連作短編集ゆえ1作1作は短のですが、短い中にもしっかりと伏線が張られており、それが回収されていくのは読んでいてとても心地よいです。

魔王こと結城中佐が非常にカッコいいのも○。 上記の戒律をはじめ思考のバランスが良いのです。

こういう頭の良い人間になりたいものですね。

ちなみに表紙は「北神伝綺」「木島日記」「八雲百怪」というマニアックな民俗学漫画(多重人格探偵サイコの大塚氏が原作)の絵師さんと同じ方。

漫画だと変で読みにくいけれど、一枚絵のこういうイラストは非常に巧いと思う絵師さんです。

で、この表紙も非常に渋いです。

抜粋
「貴様が何を信じていようがかまわん。
 キリストだろうがマホメットだろうがイワシの頭だろうが、
 勝手に信じるがいい。
 もし本当に自分の頭で考え抜いたすえに、
 それを信じているのならな」

「〝取り込み〟の基本は飴と鞭。
 相手の弱点をつかみ、
 それと引き換えにささいなことを要求する。
 自分で盗むのは駄目だが、
 盗みに入るタイミングを教えるのは構わない。
 食事に毒を盛るのは駄目だが、
 睡眠薬を入れるだけならやってもいい。
 自分の手で人を殺すことはできないが、
 見殺しにするのはかまわない…。
 圧力と報酬のバランスが問題なのだ。
 人によって、どこまで良心の呵責を感じず、
 平気でやれるかは違ってくる。
 相手の心の中を読み切ること。
 基本的手口は存在しない。
 スパイの任務では常に、
 相手や状況に応じて臨機応変に対応することこそが重要だ」

「死ぬこと、それ自体は少しも難しいことではない。
 死ぬことなど誰にでも出来る。
 問題は、死んだからといって
 失敗の任務を背負うことにはならないということだ」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 爽冷マンゴー | トップページ | 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/28139827

この記事へのトラックバック一覧です: ジョーカー・ゲーム 柳広司:

« 爽冷マンゴー | トップページ | 独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明 »