« 変な学術研究2 エドゥアール・ロネ | トップページ | 背の眼 下 道尾秀介 »

背の眼 上 道尾秀介

注目している作家さんのデビュー作です。

背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫) Book 背の眼〈上〉 (幻冬舎文庫)

著者:道尾 秀介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。

彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。

そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の目が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。

しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。

これは単なる偶然か?

第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

感想

いい感じですね。

本格ミステリだけどホラー要素が入っているので、犯人は人間なのか、はたまた霊なのかといった楽しみもあります。

とりあえず上巻では伏線が散りばめるだけで回収はされてないのですが、これはなんだろうというのかなりたくさんあり、後半の盛り上がりを期待させてくれます。

主人公真備の、霊現象を研究するのではなく探求するというスタンスも好きです。

どことなく京極堂と重なりますね。

抜粋

「在るものを見るのではなくて、見えるものを在るとする―これは人間が非常に犯しやすい誤謬なんだ」

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 変な学術研究2 エドゥアール・ロネ | トップページ | 背の眼 下 道尾秀介 »

コメント

批難する気じゃないけど、このブログ哲学っぽさ抜けすぎだろwって思う。

投稿: ソゾロ | 2009年2月14日 (土) 12時46分

>ソゾロさん
コメントありがとうございます。
それ、私も常々思ってます(苦笑)
最近サボりすぎなのと、
熱く語っても反応がないと凹んでしまいますので。

投稿: シン@部屋主 | 2009年2月16日 (月) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/27859823

この記事へのトラックバック一覧です: 背の眼 上 道尾秀介:

« 変な学術研究2 エドゥアール・ロネ | トップページ | 背の眼 下 道尾秀介 »