« 押入れのちよ 萩原浩 | トップページ | 松屋 牛味噌煮込み豆腐定食 »

江戸川乱歩ベストセレクション4 陰獣 

読みました。

陰獣  江戸川乱歩ベストセレクション4 (角川ホラー文庫) Book 陰獣 江戸川乱歩ベストセレクション4 (角川ホラー文庫)

著者:江戸川 乱歩
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

探偵作家の寒川に、資産家夫人、静子が助けを求めてきた。捨てた男から脅迫状が届いたというが、差出人は人気探偵作家の大江春泥。

静子の美しさと春泥への興味で、ダム川は出来るだけの助力を約束するが、春泥の行方はつかめない。

そんなある日、静子の夫の変死体が発見された・・・

表題作のほか、愛する女に異常な執着を示す男の物語「蟲」を収録。

感想

「陰獣」

面白かったのですが・・・

色々なパターンを想定しながら読んでいたわけですが、まさかこんなことになるとはでした。

そのまさかとは、「帯にオチが書いてある」ということです(正確には違うかもですが)。

最初はこれはミスリードだと思っていたのですが、途中からやったりコレが真相だろうとおもいはじめ、結局はコレが真相だったと(正確には違いますが)。

好みの展開でしたが、この帯が最低ということ、そしてラストが気に入らないので評価は微妙です。

「蟲」

これは好きですね。

主人公の行き過ぎたストーカー的な愛の形に対し(下で抜粋します)、部屋主がある種の憧れがあるからだと思いますが。

死体の気色悪さの表現もいいですし、主人公の頭の悪さなんかもなんか好きですし、その行動原理なんかも好きです(下で抜粋します)。

こういう風に自分勝手に行動できるのが羨ましいです。

抜粋

「探偵は、多すぎる証拠に出会った時こそ、警戒しなければならないのだ」

許してください。許してください。ぼくはあなたがかわいいのだ。生かしておけないほどかわいいのだ

やっぱりかれがこの世ののけもので、まったくひとりぼっちな異人種であることを、いよいよ痛感しないではいられなかった。俺は人種が違うのだ。だから、こういう卑劣な唾棄すべき行為が、かえっておれにはふさわしいのだ。この世の罪悪も。おれとっては罪悪ではない。おれのような生物は、このほかにやっていきようがないのだ

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 押入れのちよ 萩原浩 | トップページ | 松屋 牛味噌煮込み豆腐定食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/26807293

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩ベストセレクション4 陰獣 :

« 押入れのちよ 萩原浩 | トップページ | 松屋 牛味噌煮込み豆腐定食 »