« 禍記 田中啓文 | トップページ | 家族力がうつから救う! 山口律子著 »

江戸川乱歩ベストセレクション3 屋根裏の散歩者

読みました。

屋根裏の散歩者  江戸川乱歩ベストセレクション3 (角川ホラー文庫 え 1-3 江戸川乱歩ベストセレクション 3) Book 屋根裏の散歩者 江戸川乱歩ベストセレクション3 (角川ホラー文庫 え 1-3 江戸川乱歩ベストセレクション 3)

著者:江戸川 乱歩
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

世の中の全てに興味を失った男・郷田三郎は、探偵・明智小五郎と知り合ったことで「犯罪」への多大な興味を持つ。

彼が見つけた密かな楽しみは、下宿の屋根裏を歩き回り、他人の醜態をのぞき見ることだった。

そんなある日、屋根裏でふと思いついた完全犯罪とは―。

表題作のほか、とある洋館で次々と起こる謎の殺人事件を描いた「暗黒星」を収録。

感想

少し期待しすぎてたのか微妙でした。

「屋根裏の散歩者」にしろ「暗黒星」にしろ、有名な作品なのでタイトルは知ってはいたけれど、読んだことなかったので。

展開やトリックも普通だし、雰囲気も幻想的だったり猟奇的だったり禍々しかったりだといったものを感じなかったしで。

まぁ次に期待することにします。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 禍記 田中啓文 | トップページ | 家族力がうつから救う! 山口律子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/24262293

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川乱歩ベストセレクション3 屋根裏の散歩者:

« 禍記 田中啓文 | トップページ | 家族力がうつから救う! 山口律子著 »