« べっぴんぢごく 岩井志麻子 | トップページ | アンデッド 福澤徹三 »

魔性の子 小野不由美

いつもコメントをくれる「ちいこ」さんのオススメということで購入しました。

魔性の子 (新潮文庫―ファンタジーノベル・シリーズ) Book 魔性の子 (新潮文庫―ファンタジーノベル・シリーズ)

著者:小野 不由美,山田 章博
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

あらすじらしきもの

教育実習のために母校に戻った広瀬は、教室で孤立している不思議な生徒・高里を知る。

彼をいじめた者は〝報復〟ともいえる不慮の事故に遭うので、〝高里は祟る〟と恐れられているのだ。

広瀬は彼をかばおうとするが、次々に凄惨な事件が起こり始めた。

幼少の頃に高里が経験した〝神隠し〟に原因があるらしいのだが・・・。

彼の周りに現れる白い手は?

彼の本当の居場所は何処なのだろうか?

感想

可もなく不可もなくといったところでしょうか。

序盤中盤終盤となかなかに面白かったのですが、物語の幕の降ろし方がどうにも気に入りません。

なんか肩透かしを食らった感じとでもいいましょうか。

人間の心の動きの描き方や、物語の展開、言葉の妙味、恐怖の迫り方(広瀬が高里を家に泊めて寝てる時に白い手が現れる時なんかは良かった)、あたりが、さすがというだけに余計に。

とりあえず「十二国記」も近いうちに読んでみたいと思います。

にしても「後藤さん(先生)」のスタンスはいい感じですね。

抜粋

「誰だって全部の人間に仲良くしてやれるんならそうしたいさ。しかし順番を決めなきゃいけない時もあるんだよ。全員を好きだってことは、誰も好きじゃねぇってことだ。少なくとも俺はそう思う」

人が人を大切に思う情愛は貴いもののはずなのに、その裏側にはこれほど醜いエゴが存在する。人が人として生きていくことは、それ自体がこんなに汚い

人は、人であること自体、こんなに卑しい

人が人であることは、こんなにも汚い

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« べっぴんぢごく 岩井志麻子 | トップページ | アンデッド 福澤徹三 »

コメント

シンさん、読んで頂けましたか!
可もなく不可もなく…。う~ん、残念。
これを読んでからの十二国記でしたら、「風の海 迷宮の岸」いっての「黄昏の岸 暁の天」と読み勧められる事をお薦めします。
どちらも戴国の事がメインの話になってます。
ところでシンさんは、この作品のラスト、行方不明者がただ一人だけ…と言う終わり方ですが、この一人とは誰を指していると思います?
私の中では広瀬だったらいいなと思っているのですが、それはちょっとロマンティックすぎるでしょうか?十二国記と合わせてこの本も姉に貸して読ませたのですが、姉は「普通に考えたら高里要でしょ」と言うのですが、普通の少年で、親兄弟がいたらそうかもしれませんが、親兄弟はおろか、彼が消えて探す者などいないのに、誰が高里を行方不明者名簿に載せるのでしょうか?行方不明者名簿は捜索願の出ない人物が載る事はないのでは?と言う考えから、広瀬なのでは…と思うのですが…。
シンさんはどう見ました?

投稿: ちいこ | 2008年9月30日 (火) 17時34分

魔性・・・
少し怖いイメージがありますが、
ちょっと惹かれる言葉です。

魔性の女・・・

には程遠いので・・・sweat02

すみません、コメントになってなくて。
m(_ _;)m

投稿: カレン | 2008年9月30日 (火) 18時04分

なんだか小説ラッシュですねえ。
そして、小野不由美さん!大好きです。
「魔性の子」はとりあえず、「十二国記」はすごくオススメです。
ぜひぜひ読んでみていただきたく、感想も聞きたいです。

投稿: ちきちき | 2008年9月30日 (火) 21時21分

>ちいこさん
評価は正直にというのうがモットーですので。

で、ただ今「十二国記」も7巻目に入っていたりいます^^
個人的にはこっちは非常に面白いです。
またまとめて記事にする予定なのでご期待くださいませ。

行方不明者の件ですが、
あまり意識せずに高里だと思ってみました。
ちいこさんい言われてみて考えてみましたが、
広瀬が一応届けを出したのではとも思いますし。
ロマンチックさはなくなりますが。

>カレンさん
カレンさんは十分に魔性の女性かと(笑)

>ちきちきさん
怒涛の小説ラッシュをしております。
ただいまもれなく「十二国記」も読んでおりますので、
記事作成までしばしお待ちくださいませm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2008年10月 1日 (水) 19時42分

十二国記にも着手されてたんですね!!!
記事楽しみにしておりま~す!!!

投稿: ちいこ | 2008年10月 2日 (木) 08時55分

 こんにちは。
 「十二国記」読み始めたのですね。
 これ、昔ものすごく読んだ作品なんです。たぶん、シンさんのお好みの作品にはなると思います。「図南の翼」という作品がかなり後半で出てくるのですが、それがすごく印象に残っています。

投稿: 樽井 | 2008年10月 2日 (木) 12時08分

>ちいこさん
今夜から8冊目に入ります。
もう少々お待ちくださいませ。

>樽井さん
こんばんは。
ついに手をだしてしまいました。
7冊読んだ時点ではかなりツボにハマってます。
「図南の翼」もよかったですね。
また後日記事にしたいと思います^^

投稿: シン@部屋主 | 2008年10月 2日 (木) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/23738985

この記事へのトラックバック一覧です: 魔性の子 小野不由美:

« べっぴんぢごく 岩井志麻子 | トップページ | アンデッド 福澤徹三 »