« 殺人勤務医 大石圭 | トップページ | べっぴんぢごく 岩井志麻子 »

凶宅 三津田信三

お気に入り作家の一人「三津田」氏の最新作です。最近やたらと新作が出てて、嬉しいような哀しいような。

凶宅 (光文社文庫 み 25-2) Book 凶宅 (光文社文庫 み 25-2)

著者:三津田 信三
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

あらすじらしきもの

ここ、絶対におかしい。

小学四年生の日々乃翔太は、越してきた家を前に不安でならなかった。

山麓を拓いて造成された広い宅地に建つのは、なぜかその一軒だけ。

両親と姉は気にも留めなかったが、夜、妹のもとにアレはやって来た。

家族を守るため、翔太は家にまつわる忌まわしい秘密を探り始める。

そこで出会ったのは、前の住人である少女が綴った恐ろしい日記だった・・・

感想

評価は難しいところですね。

少し前の「禍家」と同じく、少し特殊な力をもった小学生が主人公の物語なのですがその設定はともかく、その他の設定(例えばそんな妙な環境の家に引っ越すのか?とか)や展開(例えば婆さんの家に入るところとか)がいくらなんでもご都合主義的すぎる気がしないでもないし、結局それはどうでどうなったのか(村の人たちの反応など)がキチンと描かれてないのが不満です。

とはいえ、けっこう怖かったんですよ。

特に、廃屋で頭のおかしな婆さんに追いかけられるところや(こういうのはツボ)、日記の中の記述のお父さんがドロっと崩れたところなんか(ここは予想外)は実に怖かったです。

他にも畳み掛けるように怖いシーンが目白押しだし、翔太の友人のアパートに住む壊れてる美人女子大生に襲われる場面なんかも好きですね。

また、三津田マジックもまぁ一応健在なのもいいですね。言葉遊びはともかく、影の謎(途中で見当はついてましたが)や、後味の悪さなんかは良いかと。

不満点は色々とあるけれど、それを補う怖さとホラー展開で、B級ホラーとしてはこれでOKなのかもですね。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 殺人勤務医 大石圭 | トップページ | べっぴんぢごく 岩井志麻子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/23735804

この記事へのトラックバック一覧です: 凶宅 三津田信三:

« 殺人勤務医 大石圭 | トップページ | べっぴんぢごく 岩井志麻子 »