« からあげくん ガーリックBLACK | トップページ | 亀ゼリー »

迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか シャロン・モレアム

読みました。

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか Book 迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか

著者:シャロン・モアレム,ジョナサン・プリンス
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

内容紹介のようなもの

なぜ病気の遺伝子がこれほど多くの人に受け継がれてしまったんだろう?そもそも進化とは、有害な遺伝子を淘汰し、役に立つ遺伝子だけを残すもののはず。なのに、なぜこんな遺伝子が生き残っているんだろう?

第1章 血中の鉄分は多いほうがいい?

第2章 糖尿病は氷河期の生き残り?

第3章 コレステロールは日光浴で減る?

第4章 ソラマメ中毒はなぜ起きる?

第5章 僕たちはウイルスにあやつられている?

第6章 僕たちは日々少しずつ進化している?

第7章 親がジャンクフード好きだと子どもが太る?

第8章 あなたとiPodは壊れるようにできている

感想

面白かったです。

進化や淘汰や遺伝子やウイルスといったこの手の本は、けっこう好きなのでちょこちょこ読んでるので知ってることも多かったのですが、かなり楽しめました。

特に「ジャンピング遺伝子」「メチル化」「人類は水中で暮らしていた」あたりはあまり知らなかったのでとても興味深く読めました。

進化や淘汰といった話だけでも面白いのに、論理の流れが明確で、しっかりとその元データが巻末に収録されているから、さらにポイント高いです。

それにしてもこの手の本を読むと、「なぜこういう道に進まなかったのか」と、いつも後悔が出てきます。

生物はどこからきてどこへ行くのか。

その答えを探す旅の第一歩がここにあると思います。

オススメです。皆様も楽しんでみてください。

抜粋

知識は僕たちを死から救い、たくましくする

だから勉強せねばならないのですよね。

人は、存在しないと思いこんでいるものを見ようとはしないものだ

その例がこの本には多く登場します。

進化はすごいが、完璧ではない。適応とは言ってみればある種の妥協で、ある状態にたいする改良は別の面での不利益を生む

この本の論旨の一つですね。

淘汰圧というものは、条件さえ整っていればたった一世代か二世代で、ある集団の遺伝子プールにひとつの形質を加えたり消したりしてしまうほど協力なのだ

知ってました?

あなたの健康は、祖先がどこでどんな問題に適応してきたかということと、あなたが現在どんあ暮らしをしているかでかなりのことが決まるということだ

ふーむ。

すべての生き物の二大至上命令は何度言っても言い過ぎるということはない。それは生存と種の保存。メジナ虫もマラリア原虫もコレラ菌も、そしてもちろん人間も、生存と種の保存を追及している。しかし、病原体の連中と僕たちを分けている大きな差が存在する。その差のおかげで僕たちは有利な立場にいる。その差とは、僕たちは『知っている』ということだ

知ることの重要性がここにもですね。

すべては疑問を投げかけることからはじまる。それなしに解決策は見つからない

このブログのコンセプトでございますです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« からあげくん ガーリックBLACK | トップページ | 亀ゼリー »

コメント

シンさんのうまいまとめのおかげで、なんとなく、趣旨や論旨の流れは読む前から予測がつきそうですが、淘汰圧のその圧倒的なスピードの話は興味深いですよね。一世代か二世代ですか。そんなに変化が激しいとは予測外でした。早くとも十世代とか百年とかの単位で、より適応している、或は、有利だった変化が生き残る程度に理解していました。なるほど、読むべきものはまだまだたくさんありますね。

投稿: 樽井 | 2008年7月16日 (水) 23時39分

>樽井さん
そう言っていただけると非常に嬉しいです。
淘汰圧のスピードには正直驚きました。
グールドあたりと考慮に入れるとさらに面白いです。
にしても、まだまだ読むべき本はある、
まだまだ知らないことが世の中には多い、
それが実感できる一冊でした。

投稿: シン@部屋主 | 2008年7月17日 (木) 00時12分

タイトルから気になってましたが、
やはりおもしろそうな本ですね。
進化とか遺伝とか興味があるので
是非読んでみたいです☆

投稿: カレン | 2008年7月17日 (木) 20時29分

>カレンさん
タイトルだけでなく内容も非常に面白いですよ、これは^^
決して読んで損はない1冊だと思います♪

投稿: シン@部屋主 | 2008年7月17日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか シャロン・モレアム:

« からあげくん ガーリックBLACK | トップページ | 亀ゼリー »