« たりたいものメーカー | トップページ | ふられました »

蓮丈那智フィールドファイルⅠ 凶笑面 北森鴻

まず表紙に惹かれ、民俗学とか大好きなので読んでみました。

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫) Book 凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉 (新潮文庫)

著者:北森 鴻
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

『異端』にして『美貌』の女性民俗学者「蓮丈那智」。

彼女はフィールドワークに行く先々で、助手の「内藤三國」とともに奇妙な殺人事件に巻き込まれます。

暗き伝承や古き因習が時を越えて蘇り、封じられし怨念が新たな供物を求めるような・・・

しかし蓮丈那智は、持ち前の知性と冷静さで事件を謎を解き明かしていきます。

鬼封絵

ある日、蓮丈那智の研究室に「鬼封絵」というという不思議な儀式のビデオが送られてきます。

「鬼のシンクレティズムと<点>の介入」の調査のためにフィールドワークに赴いた彼女たちですが、ビデオの送り主が殺害され・・・

凶笑面

禍々しい笑みを浮かべた木造の「面」を手に入れてから村に死者が相次いでいるので調査してくれという依頼が蓮丈那智の研究室に届きます。

「面」と<異人(マレビト)>との関連を調査に行った長野の寒村で、依頼主の仲介をし、彼女のことをよく思わない古物商の「阿久津」が殺害され・・・

不帰屋

<女の家>と原始宗教の有り様のひとつの事例調査のために訪れた東北のとある閉ざされた村。

そこにある奇妙な造りの離れで、調査の依頼主であり有名なフェミニズムの提唱者である「護屋菊恵」が殺害されるのですが、事件が発生時、離れは完全な密室で・・・

双死神

「だいだらぼっち」と「日本の製鉄史」の関わりについての調査していた内藤は、新説の情報提供者に会い、そしてその説を証明しうる遺跡の調査のため中国地方のとある村へと赴きます。

そこで彼は「狐」と名乗る蓮丈那智に似た雰囲気の謎の女性から、「あなたの身に危険が及ぶかもしれない」と忠告を受けます。

忠告の通り、情報提供者が遺跡を調査中その遺跡の崩壊に巻き込まれ死亡してしまうのです。

邪宗仏

<隠れキリシタン>に関する新考察を学会で発表した蓮丈那智の下に、その説に関係するかもと在野の研究家2人から「両手を切断された村の秘仏」に関する論文が届きます。

興味を持ち直ちに2人の住む山口県に向かった蓮丈と内藤ですが、そこで研究家の1人が殺害されていたことを知ります。

しかも彼は秘仏の観音菩薩と同じように両手を切断されて殺されていたのです・・・

部屋主の感想

なかなかに面白かったです。

主人公「蓮丈那智」を持ち上げすぎという感じがして少々イラっとする部分が多々ありますが、助手の「内藤」君のへタレっぷりが個人的にはけっこう気に入ってたりします。

また、民俗学的な薀蓄もなかなかに楽しかったですし(けっこう有名どころが多く知ってることが多かったですが)。

ただ、民俗学初心者の方はもう少し説明があった方がいいのではというところもけっこうあったように思います。

そしてなにより、ミステリとしても短編ながらもしっかりしてるところは評価できると思いますね。

短い中にもしっかり伏線が張られており、それがしっかり回収されていくのは気持ちいいものです。

ただ、やはり短編なので読み応えとしては少々物足りない感じがします。そのぶん読みやすいことは読みやすいわけですが。

なので「すごい面白い!」ということはなかったわけですが、部屋主は好きですね、この作品。

あと、同著者の別のシリーズとつながりがあったりするみたいなので、ボチボチと読んでいけたらなと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« たりたいものメーカー | トップページ | ふられました »

コメント

北森さんのこのシリーズは、短い話の中に文化人類学的な謎を使い、なおかつそれと事件がリンクしなくちゃいけないというかなり難しい設定ですが、それをあんな風に処理してしまうとこに感心してしまいます。
 この話の最後のほうで出て来た「狐」は「冬狐堂」シリーズとして何作かありまして、たしかこの巻にでてくる話は「狐闇」という作品で長編として描かれている作品の中にありますよ。

投稿: 樽井 | 2008年6月 7日 (土) 00時50分

>樽井さん
仰るとおりこの作品は短い中に、
色々とキッチリ収められてるのが見事ですよね。
でもって「狐」は別のシリーズということらしいですね。
そっちもいつか楽しめたらと思っています。

投稿: シン@部屋主 | 2008年6月 7日 (土) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/11554107

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮丈那智フィールドファイルⅠ 凶笑面 北森鴻:

« たりたいものメーカー | トップページ | ふられました »