« まるでバナナパン | トップページ | パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ »

泣き虫弱虫諸葛孔明 酒見賢一

Caramelcafe」の「陸抗」さんに貸してもらいました。

泣き虫弱虫諸葛孔明 Book 泣き虫弱虫諸葛孔明

著者:酒見 賢一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

あらすじらしきもの

口喧嘩無敗。いざとなったら火計(放火)の策。神算鬼謀の大軍師か?自堕落、色欲三昧、ヤクザ以下の変奇郎か?諸葛孔明の虚像に迫る、酒見版『三国志』登場。「ほんとうの孔明は、こんな人じゃなかったと思う」(作者談)。

「軍神」諸葛孔明とは、奇怪な衣装で宇宙哲学を語るアブナイ男であり、あの手この手で臥竜伝説を作ろうと腐心するセコイ男だった…? とにかく無類に面白い、酒見版「諸葛孔明」登場! 『別冊文芸春秋』連載の単行本化

以上、アマゾンからの抜粋です。

感想

実に面白かったです。

小説をこんなにニヤニヤしながら読んだのは初めてかも(三国志を知らないと笑えないので、まずは三国志を読んでからをオススメします)。

私が三国志にハマったのは小学生の頃で、 (横山光輝氏の漫画版に読んだのがきっかけ) その時に色々と小説を読んで以来、かなり久々の三国志系の小説だけれど、これまでの三国志の印象とまったく違う三国志が展開されています

真面目な正史などとの比較分析があったりするし、「封神演義」「史記」「水滸伝」などを知っているとさらに面白かったりもします。

また、時事問題や漫画などの小ネタが混じっていたりも。

三国志を知ってる人にはオススメです。

抜粋

真人は、戸を出ずして天下を知る

ううむ、カッコいい。そんな人間になってみたいものです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« まるでバナナパン | トップページ | パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ »

コメント

シンさんの孔明像は壊れませんでした?
ここまで変人扱いされた諸葛亮も珍しいですが、私もにやにや(時に爆笑)しながら読みました(^^)
お姉さんに頭の上がらないところや、均をいじめるところが・・・人間くさくて好きです。

投稿: 陸抗 | 2008年5月21日 (水) 15時50分

これはおもしろそうですねー!!
三国志は、横山光輝さんの漫画版しか
読んだことないですが、大好きです☆
(史記・水滸伝は途中で挫折しました。汗)

アブナイ孔明さんを見てみたいです。( ̄ー ̄)ぐふふ。

投稿: caren | 2008年5月21日 (水) 17時32分

こんばんは〜。
 これ、楽しそうですねぇ。漫画版、吉川版、「蒼天航路」版、北方版に続く三国志のイメージ激変ものになる予感がありますね^^ これ、読んでみたいと思います。

投稿: 樽井 | 2008年5月21日 (水) 23時44分

>陸抗さん
奇人変人は好きなのでこういうのもありかなと
むしろ感情移入しながら読めてます(苦笑)
私は色んな人から嫌われてるところが好きです♪
にしても思ったより分厚くて、
読むのに休日を丸1日も費やしてしまい、
嬉しい悲鳴がでました(^-^)

>carenさん
横山さんの作品しか知らないなら、
これを読んだ時は驚く可能性大かと思います^^
もう一度漫画版を読んだ後に、
是非ともこれを読んでみてくださいな☆

>樽井さん
こんばんは。
これは実に面白いですね。
史実(と言われているもの)との比較検討などが
場面場面にあるのが実に興味深いです。
これがあるおかげで軽くやってるようで、
奥深さが感じられる作品に仕上がってると思います。

投稿: シン@部屋主 | 2008年5月21日 (水) 23時58分

こんばんは。
読まれたんですね~。
これ私ものすごく好きで、これ読んだあと何回目かの大三国志ブームになったの、わかってもらえると思います。
人形劇見て喜んでましたから(笑)
ツッコミがめためた楽しいんですよね~。ちゃんと考証して、ってところがすごい。

投稿: ちきちき | 2008年5月23日 (金) 22時44分

>ちきちきさん
おはよです。
ついに読みました。
これはホント面白いですね。
私も久々に三国志熱があがってきていまう。
ちゃんと考証してのつっこみ。
これがこの作品の最大の魅力です、自分的に。

投稿: シン@部屋主 | 2008年5月27日 (火) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣き虫弱虫諸葛孔明 酒見賢一:

» 泣き虫弱虫諸葛孔明 [ぼちぼち]
口喧嘩無敗。いざとなったら火計(放火)の策。神算鬼謀の大軍師か?自堕落、色欲三昧、ヤクザ以下の変奇郎か?諸葛孔明の虚像に迫る、酒見版『三国志』登場。「ほんとうの孔明は、こんな人じゃなかったと思う」(作者談)。 「BOOK」データベースより げげ。 すげえおもろい。 なんだかだらだらずっと読んでたい感じの本でした。 実際結構だらだらと長い本で、いつまでたっても終わらない気がするんですがそれもまた嬉しいみたいな。 この本では「三顧の礼」までが描かれています。 タイトルから想像して... [続きを読む]

受信: 2008年5月23日 (金) 22時46分

« まるでバナナパン | トップページ | パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ »