« パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ | トップページ | 爽 ゴールデンパイナップル »

泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 酒見賢一

Caramelcafe」の「陸抗」さんに貸してもらいました。

泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部 Book 泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部

著者:酒見 賢一
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

あらすじらしきもの

「虚人か、巨人か―
 新たな孔明像を描いて大反響の酒見『三国志』
 堂々の第弐部発進!

 孔明出廬から長坂葉坡の戦いまでが描かれる」(帯より)

感想

第壱部に続き弐部も非常に面白かったです。

前回に引き続き小説を読みながらこんなにニヤニヤしたのは、このシリーズが初めてかと。

壱部は休日に一気に読んだのだけれど、弐部は平日に電車に揺られながらも読んでいたので、周囲の人間にきっと変なヤツだと思われたような気がしないでもないです。

でもって、相変わらず散りばめられている小ネタの多さに驚きました(わかりやすいのとわかり難いのがあり、もちろん部屋主がわからないネタも多くあるように思われます)。

今回一番ふいたのは「新世紀エヴァンゲリオン」のOP曲、「残酷な天使のテーゼ」を約1Pにわたりパロったところですかね。

まさかあんなにひっぱりとは思わなかったです。

あと、正史(?)へのツッコミの鋭さも見事ですね。

ビホウ(人名)が顔面に数本の矢を突き刺さったまま報告にくる場面のツッコミが個人的に一番ツボにハマりました。

「もう死んでるんじゃないのかと思うがそう書いてあるんだから仕方ない」

こんな感じです。

この後さりげなく孔明につっこませているもの見事でしたね。

次巻は孔明が単独で呉の非戦派論客をやり込める場面から赤壁の戦いあたりかと。

演義ではそんな感じゆえ孔明ファンの私としては非常に楽しみなわけだけれど、どうなることですね。

とはいえ、演義と史実(と言われているもの)との比較と著者のツッコミに期待しまってる自分がいたりです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ | トップページ | 爽 ゴールデンパイナップル »

コメント

分厚い本なので、まずは「お疲れ様でした」♪
気に入っていただけたようなので、ぜひ買ってください(笑)
蜀の有名武将でさえ、ひどい扱い。
赤壁ではどれだけ三国の武将をこき下ろすんでしょうね?
それも楽しみです(^^)

忘れた頃に続きが出るので、気長に待ち続けます。

投稿: 陸抗 | 2008年5月23日 (金) 14時35分

やっぱりおもしろそうですね~

もし購入しても、家の中で読まなくっちゃ。
人前でニヤニヤは危険ですから・・・( ̄∀ ̄*)

投稿: caren | 2008年5月23日 (金) 17時57分

私はおうちで読みましたが、相当にやにやしながら読んでたみたいで、何度旦那に突っ込みを入れられたことか。でも止まんないんですよ(^_^;)

実は雑誌の方も追っかけてたりします。
早くまとめて読みたい~

投稿: ちきちき | 2008年5月23日 (金) 22時48分

こんばんは〜。
 やっぱり気になるなぁ、これ。 
 文庫落ちしてくれるかなぁ。してくれないと買っちゃいそうなくらい^^

投稿: 樽井 | 2008年5月25日 (日) 23時35分

こんばんは〜。
 やっぱり気になるなぁ、これ。 
 文庫落ちしてくれるかなぁ。してくれないと買っちゃいそうなくらい^^

投稿: 樽井 | 2008年5月25日 (日) 23時37分

>陸抗さん
疲れはしましたが心地よい疲れですね^^
次巻は呉の武将がこきおろされそうですね。
私も期待しながら気長に待ちます♪

>carenさん
三国志を知ってる方にはオススメでございます^^
ニヤニヤしながら読んでくださいまし☆

>ちきちきさん
やはりニヤニヤなってしまいますよね、これは^^
連載誌までチェックしてるとはさすがです。

>樽井さん
おはよです^^
これは面白いですよ~
オススメです。

投稿: シン@部屋主 | 2008年5月27日 (火) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 酒見賢一:

» 泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部 [ぼちぼち]
奇怪な衣装、得意技は放火……。軍神・諸葛孔明の虚像を描く酒見版『三国志』第二弾では、孔明出廬後から長坂坡の戦いまでが描かれる文藝春秋HPより いや、あの、もうかなり好きみたいです、私。 第一部のときも大絶賛していたワタクシですが、今回も面白かった。 あまりの面白さに読み終わるのがもったいなくてもったいぶってたら、話忘れたりして(←鳥頭)もっともったいない感じになってしまった… 相変わらず著者のつっこみが冴えわたってます。 なんかずっと変な微笑をもらしながら読んでました。 登場... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 22時12分

« パンdeシュー フルーツクリーム&ホイップ | トップページ | 爽 ゴールデンパイナップル »