« ビッグチロル みるく大福 | トップページ | キットカットコーン »

あそこの席 山田悠介

知人が怖いと言っていたので購入してみました。

あそこの席 (幻冬舎文庫) Book あそこの席 (幻冬舎文庫)

著者:山田 悠介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:E

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

過去、その席の生徒たちが次々と、行方不明、自殺、重度のノイローゼとなった「呪いの席」。

そこに座ることになった転入生の「瀬戸加奈」にも、無言電話による嫌がらせがはじまり、さらに不気味な写真が送られてきます。

精神的に追い詰められとうとう学校を休みはじめた加奈ですが、担任教師の助けを受けて、呪いの席の過去を調べ始め・・・

部屋主の感想

かなりいまいちでした。

まずストーリーに何のヒネリもありません。これが致命的です。

さらにリアリティがまったくもってなく、ご都合主義的な展開が多いのが痛いです。

例えば、まず「あそこの席」そのものがが残ってるのもおかしいし、人が死んでるのに捜査した形跡がないのも妙です、席替えしないもの違和感があるようにも感じますし。

他にもネタバレするのでさけますが、おかしいところはいくつもあります。

ホラー作品でリアリティというのも変と思われるかもですが、物語そのものや細かい設定などにリアルさがないと逆に全く楽しめない場合があります。

特に「この手のタイプのホラー作品」の場合、リアリティがないのはかなり凹みます。

恐怖度に関してもさっぱりでした。

この作品だと「常に見られている恐怖」がポイントかと思うのですが、さっぱりそれを感じることができませんでした。

女性、特にストーカーされた経験のある女性ならそれなり怖く感じる可能性はあると思いますが。

ただ、スピード感はあり、異常なほど読みやすいです。

これは裏をかえせば巧みな台詞回しや眼を見張る文章などがないということでもあり・・・

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« ビッグチロル みるく大福 | トップページ | キットカットコーン »

コメント

知人が怖いといっていた本なのにかなりのダメ出しにうけてしまいました~(笑)
でもまあ人それぞれですしね~
なんとなーく読んでみたい気もしますが(^ω^)

投稿: ゆり | 2008年1月18日 (金) 23時03分

>ゆりさん
私も怖いと言われたから期待していたのですがさっぱりでした。
まぁ私の恐怖メモリが変という噂もありますが(^^;

投稿: シン@部屋主 | 2008年1月19日 (土) 01時04分

こんばんは

表紙と題名はいいのになぁ。

過去、その席の生徒たちが次々と、行方不明、自殺、重度のノイローゼとなった「呪いの席」

ここだけ読むと凄い面白そうです(笑)

投稿: nori | 2008年1月19日 (土) 19時20分

あー、山田悠介・・・。
発想とタイトルのうまさが
「もしかして今度こそは」
と期待させてしまう罪つくりなやつです。

もう近づきません。

投稿: 月下 燕 | 2008年1月20日 (日) 02時06分

>noriさん
いやほんとタイトルと設定はいいのですけどねぇ。
なんというかかなりもったいない感じがします。
発想は悪くないけれど物語をひねる力と
文章力がそれについていってない感じというか・・・

投稿: シン@部屋主 | 2008年1月20日 (日) 03時39分

>月下燕さん
非常にうまく山田さんを表現してくれてありがとです。
さすがです。
ほんとそんな感じですよね。

投稿: シン@部屋主 | 2008年1月20日 (日) 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/8910113

この記事へのトラックバック一覧です: あそこの席 山田悠介:

« ビッグチロル みるく大福 | トップページ | キットカットコーン »