« 大納言 京しぐれ | トップページ | ランチパック 巨峰ゼリー&ホイップ »

弟切草

最近知り合ったホラー好きの方と話してるときに話題になったので久々に読み返してみました。

弟切草 (角川ホラー文庫) Book 弟切草 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「弟切草」・・・花言葉は「復讐」。

「弟切草」というゲームを大ヒットさせたゲームデザイナー「松平公平」は、恋人「奈美」とのドライブ中に、山奥で事故に遭います。

何かに導かれるように辿り付いたのは「弟切草」が咲き乱れる洋館でした。

まるで自分が創ったゲーム「弟切草」と同じ展開を見せる現実に愕然とする公平と、ことあるごとに現る死んだ恋人の霊に怯える奈美。

果たして2人は生きてかえることが・・・

部屋主の感想

まずまず面白いです。

部屋主の好みのトリックがあるミステリだけどホラーというタイプです。

ただ、トリックといい怖さといい、チャチな印象が強いです。

トリック(特に言葉遊び)はそれなりに凝っていて、物語は二転三転するのでそれなり面白いと思うのですが、おそらく軽い文体と、軽いキャラクターたち、それから醸し出させる雰囲気、そして妙なエロさのせいで、部屋主敵にはかなり減点されてしまっています。

なんかもったいない作品ですね。

著者は、この本のタイトルと同じ「弟切草」でゲーム界にサウンドノベルという新たなジャンルを確立し、部屋主の大好きなゲーム「街」の作者だったりします。

ちなみに奥菜恵主演の映画「弟切草」は駄作中の駄作だったと記憶しています。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 大納言 京しぐれ | トップページ | ランチパック 巨峰ゼリー&ホイップ »

コメント

小説も出ているんですね。
ゲームはやりました♪怖くて途中で止まっています(苦笑)
選ぶ選択肢により、話の展開ががらりと変わるので小説ではどの話なのか分かりませんが・・・。

投稿: 陸抗 | 2007年12月 1日 (土) 17時30分

こんばんは。
私もゲームは途中まで…
本が出てるとは知らなかったです。
サウンドノベル好きなんですけど、一人でやってると怖いんですよ~。

投稿: ちきちき | 2007年12月 1日 (土) 21時26分

映画は奥菜恵だから駄作なんでしょうねえ(笑)

本は読んでみたいなって思いました~

でもゲームもしてみたいなって思ってます(^ω^)

投稿: | 2007年12月 2日 (日) 14時52分

>陸抗さん
ゲームも持ってますが、
これは確か小説オリジナルだと思いますので、
ゲームには入ってないと思います。
あくまでたぶんですが。

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時36分

>ちきちきさん
ちきちきさんまでゲーム途中とは。
そんなに怖いですかね?
やはり私は怖さの感受性が鈍いようですね。

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時37分

>??さん
奥菜恵がどうこうというより
シナリオが破綻していたと記憶しています(^^;

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/9152395

この記事へのトラックバック一覧です: 弟切草:

« 大納言 京しぐれ | トップページ | ランチパック 巨峰ゼリー&ホイップ »