« もちぷよ チョコクリーム | トップページ | ガリガリ君リッチ 紅白いちごミルク »

天使の囀り

注文しておいた京極氏の本が予定したときに届かなかったので久々に本棚から出してみました。

天使の囀り (角川ホラー文庫) Book 天使の囀り (角川ホラー文庫)

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

新聞社主催のアマゾン調査隊に参加していた作家で「死恐怖症」を患っている「高梨光宏」は、調査隊のメンバーたちと現地住民たちが恐れる「呪われた沢」へ入ってしまったため、予定していた期間を待たずにを調査終了を余儀なくされてしまいます。

帰国後、高梨は人格に異様な変容を見せ、「天使の囀りが聞こえる」と言い残し、あれほど恐れていた「死」に魅せられたように自殺をしていまします。

恋人である高梨の死について独自に調査を開始した、ホスピスで終末医療に関わる精神科医「高橋早苗」は、他の調査隊メンバーたちも異常な方法で自殺を遂げていることをつきとめます。

同じころ「地球の子供たち」というメンタルケア系サイトのオフ会に参加していたメンバーたちも異常な方法で自殺を続けており・・・

部屋主の感想

非常に面白いです。

貴志氏の作品は好きなものが多いのですが、部屋主個人としましては今のところこの作品が一番好きです。

自殺の方法を巡る発想がまず見事だと思いました。よくまぁこんなの思いついたものです。

もし自分が作中の自殺者と同じ状態になったと想像すると寒気がしますよ、ほんと。

でもってその原因となる「アレ」の存在

これの存在自体がまず気持ち悪いしもしかしたらと思えてしまうあたり、素晴らしいチョイスだと思います。

その裏づけとなる設定もしっかりしてるあたり作者の力量のすごさを感じます。かなり勉強と取材をしたのだと思います。

クライマックスの状況は、是非とも映像化をお願いしたいほどにエグいです。

ホラー好きの部屋主が、リアルに想像するとこれだけ気持ち悪い作品ってのもあまりないように思えるほどです。

ラストはある意味で想像通りですし、その少し前の展開なんかは少々あれかなと思いますが、そんなの気にならないほどに面白かったです。

他にも、薬害エイズ問題などの医学会への批判、部屋主好みの言葉の技巧、現代的な若者描写とメンタルケアなど、メインではない部分も実にいいですね。

ホラーの怖さ、気持ち悪さ、ミステリのようにその原因を追っていく過程の面白さ、その原因そのもの見事さ、オススメです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« もちぷよ チョコクリーム | トップページ | ガリガリ君リッチ 紅白いちごミルク »

コメント

本屋さんで見かけました。
表紙が綺麗だったので気になりましたが、読んだ事の無い作家さんだったので手には取りませんでしたが・・・。
シンさんが「えぐい」と言うなんて・・・!!
面白そうですが、止めます(><。

投稿: 陸抗 | 2007年12月17日 (月) 15時38分

なんだか凄い内容みたいですね。(;^_^A
ラストが映像化して欲しいほどエグいとは・・・
(((゛◇゛)))ブルブル…

とても恐そうなので読むことはできませんが、(^^ゞ
表紙はとってもきれいですね。(*^^)

投稿: caren | 2007年12月17日 (月) 15時46分

こんばんは

この作品かなりお気に入りのようですね♪
確かに面白かったです。
読んだの10年以上前になるのかなぁ?
それでも内容は結構覚えています。
貴志さんの作品は読み応えありますよね。
僕も当時この作品と「黒い家」を読んで凄い作家が出てきたな、と驚きました。

宮部みゆきの「火車」を読んだ時も同様に驚いたなぁ。

投稿: nori | 2007年12月17日 (月) 19時25分

こんばんは。

貴志 祐介は、この「天使の囀り」を読んですごい!と思い、次々読みましたが、これが一番怖かったです。「クリムゾンの迷宮」もなかなかで、映像化してほしいのは、こちらかな。

投稿: MARUKO | 2007年12月17日 (月) 20時47分

貴志さん、新刊はどうなったんだ…と思いつつ、実は既刊で読んでないのが残ってるのでそれを先に読むのもいいなあと。

投稿: ちきちき | 2007年12月17日 (月) 22時14分

ホラーはいまのところ読んでないので
これは読んでみたいです~(^ω^)

投稿: ゆり | 2007年12月17日 (月) 22時55分

>陸抗さん
貴志さんの作品はハズレがあまりないのでオススメですよ。
特にこの作品は非常にオススメです。
エグいといってもクライマックスの1シーンですし、
映像化した場合の恐ろしさなので、
脳内で映像に変化させなければ問題なしです。
なのでここはやはり読んでみましょう(^_^)b

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月18日 (火) 00時40分

>carenさん
怖いし、エグいしですが非常に面白いです!
なので是非とも読んでほしいです^^
;゚Д゚)))))ガクガクブルブルしながら読んでくださいm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月18日 (火) 00時45分

>noriさん
私もこの文庫が出た時が初読ですので、
けっこう前に読んだはずなのに、
内容に関してはけっこう憶えていたあたり、
やはりかなり印象に残っていたのだと思います。
「黒い家」も出た直後に読んでるのですが、
正直あまり印象に残ってなかったりするのですよね。
評価が高い作品なのでもう一度じっくり読もうと思ってます。
宮部さんの「火車」は名前は知ってますが
まだ読んだことはなかったりします。
noriさんの評価が高いということなので、
またそのうち読んでみたいと思います。

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月18日 (火) 00時51分

>MARUKOさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
この作品はほんといいですよね。
面白いのが多い貴志さんの作品の中でもピカ1です。
「クリムゾンの迷宮」も面白いですね。
個人的には「青の炎」や「硝子のハンマー」あたりも好きです。

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月18日 (火) 00時53分

>ちきちきさん
新刊というと「硝子のハンマー」ですかね?
これも含め貴志さんのは面白いのが多いのでぜひ。
特に「天使の囀り」はオススメです♪

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月18日 (火) 00時56分

>ゆりさん
これはオススメです^^
三日以内に読みましょう(笑)

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月18日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/9156225

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の囀り:

« もちぷよ チョコクリーム | トップページ | ガリガリ君リッチ 紅白いちごミルク »