« ランチパック 巨峰ゼリー&ホイップ | トップページ | いちご大福 »

彼岸花

腰痛再発でPC操作も少々きつくてブログ訪問やコメント返事が遅くなってます。すいません。

「弟切草」に続き、3部作の2作目です。

Book 彼岸花 (角川ホラー文庫)

著者:長坂 秀佳
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

差出人不明の封書に入っていた、不審な死を遂げた恋人との思い出の日付の新幹線のチケット。

記憶の中の揺れる「彼岸花」と飛ぶ彼の首。

「有沙」は恋人の死の真相を求めて京都へと向かいます。

差出人不明の封書に入っていた、肩から上がフレームから外れているので首無しのように見えるカップルの7枚の写真。別れた恋人の撮影方法です。

その中にあった1枚のピンボケ写真。そこには「彼岸花」柄の振袖姿の女性がいました。

偶然父からもらったチケットで「融」は京都へと向かいます。

「ころされた」「きこくじ」。2つの言葉を残して消えた恋人の霊。

「きこくじ」を探し続け約1年。

諦めかかったとき図書館でみかけた「彼岸花」の押し花が入った本でその言葉を発見した「菜つみ」は、本に書かれていた京都へと向かいます。

運命に誘われるように新幹線の中で意気投合した3人の女子大生。

彼女たちを追いかけてきているような舞妓「お篠さま」、長野で起きた殺人事件、それぞれの行方不明の恋人、そして行く先々に置かれている「彼岸花」の意味は・・・

部屋主の感想

3部作の中ではこれが一番好きです。

「弟切草」と同じく、部屋主好みの色々とトリックのあるミステリでホラー要素もといった感じです。

でもって、そこそこ面白いけれど、軽い文体に軽いキャラクターたち、それの醸し出す軽い雰囲気、妙なエロさによってチャチな印象がするのも「弟切草」と同じ感じです。

これまたもったいない作品のように思います。

とはいえ「京都」や「彼岸花」がけっこう好きなので、妙に作品に引き込まれはしましたが。なのでおまけして評価はBです。

それにしてもこの著者は言葉遊びが好きみたいです。部屋主も言葉による伏線は好きなので、こういうのはいいですね。

特に彼岸花のくだりはうまいなぁと思ってしまいました。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« ランチパック 巨峰ゼリー&ホイップ | トップページ | いちご大福 »

コメント

言葉遊び、いいですね☆
私もそーゆーの好きです(*^^)
(でも、謎が解けたことはないです・・・涙)

腰って全ての動作に影響するので
つらいですね・・・
それに寒いと痛みも増しますし・・・(><;)
どうかお大事にしてください。m(_ _)m

投稿: caren | 2007年12月 3日 (月) 11時32分

弟切草、怖かったですが雰囲気は好きなので、これも気になります・・・。
彼岸花の花言葉も何か関係がありそうですね。

シンさん、腰が痛いなら寝てください(><)
一番楽な体勢が横になることなんですから!
起きていないといけないなら、せめてコルセットを!
薬局で売っていますよ~。

投稿: 陸抗 | 2007年12月 3日 (月) 14時03分

これは面白そうですね。
普段あまりこういう本には手を出しませんが、
読んでみたくなりました。
あと、腰の具合はいかがですか?
私も時々腰痛が出ますが、頭はハッキリしてるのに
身動き取れなくて何事にもダルくなりますよね。
どうぞお大事に・・・。

投稿: あくびネコ | 2007年12月 3日 (月) 14時21分

これはゲームをやっていてなかなか京都のお寺などいいできだな~と感心してました(^ω^)
最後はいろんなバージョンで終了できるので一体どれが本当の長終わりなのかわからないけど本だとまた面白そうですね~
そして腰痛お大事に(;ω;)腰痛の辛さは私もよーく知ってますので・・・

投稿: ゆり | 2007年12月 3日 (月) 23時15分

京都かあ。いいですね。
そして結構続いてる本なのですね。
ふ~ん。

そして腰痛はいかがですか?
皆様方と同じように腰痛の辛さは本当よ~く知ってます。
寒くなると余計辛いですよね。冷えは大敵です。
気をつけてくださいね~。
お大事に。

投稿: ちきちき | 2007年12月 4日 (火) 20時55分

>carenさん
言葉遊びは著者の得意技って感じですね^^
だからそういうのは楽しいのですが、
全体的にどうにもショボイ印象がぬぐえなくて。

腰はあのあとさらに悪化した後、
接骨院に行ってようやく快方に向かってる感じです。
ご心配感謝ですm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時42分

>陸抗さん
個人的には長坂さんの作品は怖いと感じたことはないですね。
彼岸花の花言葉は・・・
読んでお確かめくださいということで(笑)

と、腰はただ今テーピングでがちがちです☆

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時44分

>あくびネコさん
少々エロいのがあれですが、
なかなかに楽しめるとは思いますよ^^

腰はなんとか。
痛いときは視界が揺らぎますが。

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時46分

>ゆりさん
彼岸花もゲーム化してるみたいですね。
そっちの方はまだやってないので
そのうち試してみたいと思います。
京都が舞台なので好きな人はツボるかもですね^^

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時47分

>ちきちきさん
メインの3部作の他にも
私が知ってるだけで異聞が3冊ほどあります。
そちらはただ今読み中ですので、
また近いうちにアップする予定です^^

投稿: シン@部屋主 | 2007年12月 5日 (水) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/9152790

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

« ランチパック 巨峰ゼリー&ホイップ | トップページ | いちご大福 »