« ランチパック 照り焼きハンバーグ | トップページ | マンゴーココ »

ゆがんだ闇

面白そうなホラーを探してるときに、大好きな作家の一人である「瀬名秀明」氏の名前、そして日本を代表するホラー作家の面々が揃っていたので購入してみました。

ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫) Book ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

著者:小池 真理子,篠田 節子,鈴木 光司,瀬名 秀明,小林 泰三,坂東 真砂子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「生きがい:小池真里子作」のあらすじ

飛行機事故で夫と息子を亡くして以来、ぬけがらのように過ごす「わたし」。老後のためにと夫が購入したアパートの管理人として過ごしていましたが、また一人また一人と住人は減っていきます。

最後に残った息子に似た大学生「ノボル」。彼が病気になったとき、わたしは親切に看病するのですが・・・

「ナイトダイビング:鈴木光司著」のあらすじ

結婚して数年、子どもが欲しいと思っている「高宏」と、子どもは欲しくないと思っている「奈緒」。

共通の趣味である「ダイビング」を数々とこなしてきた彼らが最後に残しておいた「ナイトダイビング」中、奈緒が行方不明になり・・・

「子羊:篠田節子著」のあらすじ

「神の子」として、争いばかりの汚い外界とは完全に隔離された施設で何不自由なく生活する少女「M24」。

彼女が特別な存在となる「儀式」の前日、以前に娯楽として楽しんだ外界の汚らしい「詩人」の奏でる素晴らしい「音楽」をもう一度聞いてみたいと彼女は望んだのですが・・・

「白い過去:坂東眞砂子著」のあらすじ

一流企業の勤める夫「陽治」のおかげで特に不自由のない生活を送っている「千春」。ある日彼女のパート先に、交通事故で植物状態になった恋人「仁志」から花束が送り届けられます。また留守番電話には、仁志とかつてかわした会話が録音されていたのです。

仁志の意識が戻ったのだと、彼の病院に問い合わせるのですが、彼は半年前にすでに亡くなっており・・・

「兆:小林泰三著」のあらすじ

クラス中で苛めていた「直美」が自殺をしました。直美を苛めていた中心メンバーの一人「欒花(らんか)」は彼女の自殺以降、「兆」と呼ばれる人外のものに変異した直美につきまとわれることに。

一方、なんとしてもスクープが欲しい貧乏フリーライターの「なえ子」は、この事件に目をつけて事件を追うのですが・・・

「Gene:瀬名秀明著」のあらすじ

分子生物学を博士後期課程で学んでいる「映子(はゆこ)」は、後輩である「河村」か「Gene」というゲームを借ります。

その妙にリアルなゲームは、氷の中から発見された「悪魔」の遺伝子を解析するという内容で・・・

部屋主の感想

「生きがい」の感想

うーん、かなり微妙です。

珍しく予想外の展開といえばそうなのですが、いきなりオチがきてすぐ終わってしまい(短すぎ)、その上、全く怖くないしで、「それで?」と思わず唸ってしまいました。

独断ランクはEくらいで妥当かと。

「ナイトダイビング」の感想

これまた微妙です。

夜の海で泳いだことのある人なら、あの特有の惹き込まれるような感覚を思い出して少し怖くなるかもです。

物語的にはこれまた「それでどうなの?」って感じですし。

ゆえに独断ランクはDくらいですかね。

「子羊」の感想

これまた微妙です。

展開などは予想通りでしたし全く怖くないしで。

設定等は嫌いじゃないんですけどね。

独断ランクはDくらいでしょうか。

「白い過去」の感想

ホラーではないですね。全く怖くないですし。

ただ、こういう話は嫌いではありません。

独断ランクはCくらいで。

「兆」の感想

まぁまぁですかね。ちゃんとホラーで、それなりに怖いですし。

「兆」との追いかけっこは楽しめました。こういう閉鎖された空間からの脱出シチュエーションは大好きです。

オチに関しては想定の範囲内で、イマイチな感じがしないでもないですが(というかあのわかりやすいミスリードをあそこまでひっぱった上、このオチかというのはありましたが)。

総合して独断ランクはCくらいでしょうか。

「Gene」の感想

部屋主の好きな作家の一人がこの「瀬名秀明」氏なわけですがやはり面白いです。というか好みなんでしょうね。こういう話が。

展開自体は読みどおりでしたが、悪魔の遺伝子解析の意味がソコにあったとはさすがの発想です。

独断ランクはBくらいでいきたいと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« ランチパック 照り焼きハンバーグ | トップページ | マンゴーココ »

コメント

こんばんは。

角川ホラー文庫は以前よく読んでました。
「リング」「黒い家」が特に面白かったです。
平山夢明という人の本を読もうと思い、本日ネットで10冊ほど注文しましたv(*'-^*)b

投稿: nori | 2007年8月27日 (月) 20時11分

>noriさん
「リング」はシリーズ3部作すべてを、
ハードカバーで持ってるほど好きです^^
「黒い家」ももちろん持っています。
貴志さんの作品は「天使の囀り」が一番好きです。
平山さんの作品は「異常快楽殺人」をだいぶ前に、
つい先日「メルキオールの惨劇」をつい先日読みました。
なかなかに面白かったです^^

投稿: シン@部屋主 | 2007年8月27日 (月) 22時55分

こんにちは!
装丁がホラーって感じですね。
シンさんの評価からすると
あまり恐くないようですが、
ホラーが苦手な私が読んだら、
しばらくトイレに行けなくなりそうです。
お風呂も何気に怖くなります・・・
でも、「白い過去」は気になります。(*^^)

投稿: caren | 2007年8月28日 (火) 11時04分

こんばんは。
なかなかもりだくさんですね。
アンソロジー、はまる時ははまるんですが、気が散ってしまう時もあります。
短すぎるのかな?
この本はラインナップ的に長編な作家さん多いですよね。

投稿: ちきちき | 2007年8月28日 (火) 22時32分

>carenさん
この短編集ならホラーが苦手な人でも全然大丈夫かと思います。
「白い過去」はそんなに長い話ではないので
立ち読みでもきっと大丈夫です(*´∀`)

投稿: シン@部屋主 | 2007年8月29日 (水) 05時01分

>ちきちきさん
こんばんは。
基本的に私は長編の方が好きなのですが、
作家陣に好きな人たちが多かったので。
短すぎる作品もありますが、
瀬名氏や小林氏の作品はそれなりの長さはあります。

投稿: シン@部屋主 | 2007年8月29日 (水) 05時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/7602135

この記事へのトラックバック一覧です: ゆがんだ闇:

« ランチパック 照り焼きハンバーグ | トップページ | マンゴーココ »