« 飲み会 | トップページ | KitKat きっとサクラサクよ。 »

聖女の肉

お気に入りの食が専門の人類学者「日下部遼」シリーズの最新刊が出ましたので、いつもどおり購入してみました。

聖女の肉 Book 聖女の肉

著者:和田 はつ子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

ミドサマー・イヴ(夏至の日)に起きた殺人事件の被害者である少女「智香」は、首を切断され逆さに吊られた状態で発見されました。その死体の胃の中からは、大量のヘロインとともに中世ヨーロッパの祭典で呑まれていた祝杯ラムズ・ウールの原料が発見されました。

翌日、東京湾から上がった車の中にあった死体の胃の中からもラムズ・ウールの材料が発見されます。死体が少女の実の親であったため、事件は親子の無理心中とした処理されようとしていますが、いくつかの疑問点があったので、「日下部」にはしっくりきていませんでした。

それから数日後、日下部は友人である「小倉」に会いにホテルへと足を運びます。しかし彼はすでに殺害されていたのです。そして死体の側には聖スウィズンを奉るアップル・ボビングが置かれていたのです。

山羊の解体に見立てたように殺された智香と、農場主兼料理人として山羊に注目していた小倉。「中世ヨーロッパ」と「山羊」という共通点を持つ2つの殺人事件をなんとか解決したいと試行錯誤している日下部に「小倉の二の舞になりそうだ、助けてくれ」という友人「小柳」からの手紙が届き・・・

部屋主の感想

いつもながら微妙です。食と人類学に関するウンチクが好きで買ってるシリーズですが、いつもよりウンチクが少ない気がします。「隠れキリシタン」などをはじめとした宗教の話がそれなりに出てたのですが、部屋主はその辺りの知識がそれなりにあったのも理由かもですが。

あと、著者自然や食に関する姿勢が好きだったりしますが、そこに関してもいまいちでした。今回はダイエットに関して批判してるのだと思いますがどうにも弱かった気がします。

さらにもう一つの魅力である、残虐な殺害方法ですがこちらも微妙です。いつも通り気色悪い死体の発見からはじまるのですが、残酷シーンはここだけでした。しかも、今までと比べるとそのレベルも低かったですし。他に気持ち悪いシーンを突っ込もうと思えば突っ込めるかと思う箇所もちょこちょこあっただけに少々残念です。

そのくせ、いつもながらの尻すぼみ感はきっちりと健在でして。一応はどんでん返しらしきものも用意されているのですが、これはもちろん完全に予想範囲内という体たらくでした。

「判じ絵」や「かくし絵」を使ったダイイングメッセージもそれでいいのかよってくらいにあっけなかったし。期待した分だけ逆にちょっと凹んでしまいました。

他にも、どうにもご都合主義的な展開も多い気がして・・・いつもならそのご都合主義的な展開も日下部さんの特殊能力の発動などの条件や伏線があったりするのですが、今回はそんな感じも特にせずで。ちょっとそれはきついんじゃないかな的な展開もままありますし。

とはいえ、最初から中盤にかけての謎が謎を呼ぶミステリ的な展開はなかなかに楽しいですし(前半はそれなりにうんちくも多いし)、現代版閉鎖された町を宗教と経済による支配で作り出そうとしたその努力は買いたいと思います(ここの書き込みがどうにも足りずリアリティがないわけですが)。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 飲み会 | トップページ | KitKat きっとサクラサクよ。 »

コメント

こんばんは、「日下部」シリーズの最新刊ですね!実はレビュー楽しみにしていました。
微妙ですか・・・(^^;
それでも、やっぱり読んでみたいです。
読まずに止めるのも、なんだかもったいないですからね。

先日「狼神」「多重人格殺人」を購入できました!
後は、江戸時代の口腔医師の話「南天うさぎ」もみつけて買いました。
まだ別の小説を読んでいる途中なので放置していますが、読み終わったらまたじっくりとレビューを読みたいです。

投稿: 陸抗 | 2007年2月18日 (日) 00時45分

>陸抗さん
こんばんは。
記事自体はすでにだいぶ前に作ってたので
あとはアップするだけだったんですよ^^
陸抗さんと仲良くなったので早速記事にしてみました。
あくまで微妙なのは私の感想なので
また陸抗さんが読むと違った感想になるかと思います。
今度は陸抗さんの感想をお待ちしています(^-^)

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月18日 (日) 00時59分

はじめまして。
私も「日下部」シリーズが好きで、ほとんど読んでいるのですが、
この「聖女の肉」読んでいて、
「あれ?この話知ってるぞ」と思いました。
この小説は最新刊のはずなのに、何で読んだことあるんだ?とおかしな感じがしたのですが、気のせいでしょうか???
以前あったものに加筆、修正されたものかとも思ったのですが、どうも違うようだし。
もし、何か知っていられたらと思い書かせていただきました。
私も感想は微妙でした。
私は「かくし念仏」が一番好きです。

投稿: 津守 | 2007年3月 3日 (土) 17時51分

>>津守さん
はじめまして。
コメントありがとうございますm(__)m

>この話知ってるぞ
私はそこまでではなかったのですが
隠れキリシタンにしろ
経済と宗教で支配された街にしろ
全部どこかで見たような設定なので
デジャヴュを感じてしまう可能性はあるかと思います。
何にも答えらずですみません。

>かくし念仏
まだ読んでなかったりなんですよ。
また読むときに楽しみにしてみたいと思います。
でも確か売り切れだったような気がするんですよね。
それともハードカバーだったかなぁ・・・
ちなみに私のお気に入りは「虫送り」です。

投稿: シン@部屋主 | 2007年3月 4日 (日) 01時47分

お返事ありがとうございます。
確かに隠れキリシタンとかは多い設定ですよね。
でも私は途中からほとんど同じ話を読んだ気がしたんですよね。
展開も知っていた部分がかなりあったので自分で驚きました。

かくし念仏はハードカバーだと思います。
私も文庫が出るのを待っていたのですが、
なかなか発売されなくて待ちきれずに買いました。

投稿: 津守 | 2007年3月 4日 (日) 21時53分

>>津森さん
いえいえ、こちらこそコメント感謝であります。

>途中から同じ話
狼神の感想のところで書きましたが
これはほとんど「パラサイト」っていう映画と同じなんですよ。
そういう意味で著者が何かから影響を受けてた可能性もあるかと。
となるとデジャヴュを感じる可能性もまだ高まるような気もします。

>かくし念仏
やはりハードカバーでしたか。
ほんとは早く読みたいのですが
ただいま金と時間が・・・(;´д`)

投稿: シン@部屋主 | 2007年3月 4日 (日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/5111070

この記事へのトラックバック一覧です: 聖女の肉:

« 飲み会 | トップページ | KitKat きっとサクラサクよ。 »