« コク旨チーズのとろ~りカルボナーラ | トップページ | まるごとリンゴパイ »

ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2巻

なかなか好評っぽいので2巻もレビューしたいと思います。というか、久々に読んだらゼロのカッコよさを皆様に伝えたいと思ってしまったものでして。

ゼロTHE MAN OF THE CREATION 2 (2) Book ゼロTHE MAN OF THE CREATION 2 (2)

著者:愛 英史
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:A

   作品全体ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

地球上に存在するあらゆるものを複製する「神の手」を持つ究極の贋作者「ゼロ」の世界を駆けるアート・ロマンです。

♯5「ロライマの笑う人形」

かつてコナン・ドイルが「ロスト・ワールド」の舞台に選んだ秘境、南米・ベネズエラのギアナ高地「ロライマ」で、ゼロは「助けて!妹が人形に殺される」という少年「チトドポ」に呼び止められます。人形のせいでおかしくなった妹と、それを神の使いになるための試練するインディオのしきたり、そして恐竜探索。先マヤ(オルメカ)文化のものであると推測される人形の本当の使い道とは・・・

♯6・♯7「メソポタミアのウルニュ」

鉄よりも固く 綿よりも軽く 紙よりも薄い」という幻の金属「ウルニュ」のために戦争屋から常に狙われているウル王朝の末裔「ドトパオ・ウル」からの依頼は、ウルニュの製法を書いた粘土板を持つ娘「オデッセイ」を探してくれというものでした。たった1つの手がかりは50年前の別れの前に撮影された7歳のころの写真で・・・

♯8「哀しみのアンティーク・ドール」

父からの会社を受け継ぎ、今まさに軍事ビジネスで新たに成功をおさめようとしている男から、ゼロは顔の半分が焼けた人形の修復依頼を受けます。「歴史上最高級の人形芸術」と呼ばれるも、わずか60年の間に幻のように現れ幻のように消えていった「アンティーク・ドール」が語る歴史の真実と、それに込められた母の想いとは・・・

♯9・♯10「画家と画商」

画家というものは画商の力によって成功する場合がほとんどです。今まさにそのチャンスをつかもうとしているオランダ人「キエフ」は、金のために信用する画商に自殺に見せかけられ殺害されてしまいます。キエフを自分の夫であるスペイン人「フランシス」ではないかと言う依頼を受けたゼロは、画商の陰謀を暴くべく行動を開始します。

♯11「故宮・黄金の爵」

余命幾許もない香港でも5本の指に入る富豪「洪了才」からの依頼は、かつて日本軍が侵攻してしてたときに、故宮から盗んで己の今の財産を作りあげるもとになった金を生んだ「秦の始皇帝が使った黄金の爵」を再現してほしいというものでした。死を目前にかつての罪を償いをしたいという依頼を了解したゼロですが、再現過程で依頼内容が時代的に矛盾していることに気づきます。果たして依頼人の真の願いとは・・・

部屋主の感想

いや~2巻も面白いですね。特に♯8「哀しみのアンティーク・ドール」は非常に部屋主のツボです。今のところ58巻・368話まで出てますが、その中のトップ5に入れてもいいくかいです。こういう構成に弱いです。

ついで、♯5や♯9・10についてですが、これらは読んでいてスカっとします。やはりこうでなくっちゃという終わり方ですので。♯11は意外な展開が素敵で、ラストがこれまた洒落ていて好きです。

♯6・7もストーリー的には嫌いじゃないですが、「1巻」の感想でも書きましたがやりすぎがみられるので、イマイチ好きにはなれません。まぁゼロの存在自体がやりすぎといえばそうなのですが、その中でもこれはやりすぎってのが部屋主の中にあり、それがここだったりするわけなのですよね。

といった具合に、ムチャはやってますし、これ以降見られない2話構成もあったりで、まだまだ現在のようにまとまった感じは少し低いですし、薀蓄も少なめですが、その分最初ということもあり、熱い物語が多くていい感じです(他の巻もけっこう熱いのですけどね)。

この巻の部屋主のグッときた台詞

いいでしょう 全額お支払いします」by依頼者

ネタバレするので詳細はかけませんが、ゼロのおかげで道を誤まらずにすんだ依頼者の台詞です。なおこの時のゼロへの報酬はおそらくこの漫画中最高である「1400億円」です。ここのやりとりはこの漫画の中でもかなり好きなところです。

「~があなたの運命をかえてしまった だが その混乱の中でも 悪魔に魂を売らなかった人もいる あなたのその痛みは あなたが踏み台にしてきた人たちの恨みの痛みだ どんなに金があっても人は生きてきたようにしか死ねない 皮肉なものだな」byゼロ

これまたネタバレするので詳細は書けません。でもこのラストも部屋主的にかなりツボです。でもって、人の生とはかくあって欲しいと切に願います。罪には罰でお願いします。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« コク旨チーズのとろ~りカルボナーラ | トップページ | まるごとリンゴパイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ THE MAN OB THE CREATION 2巻:

« コク旨チーズのとろ~りカルボナーラ | トップページ | まるごとリンゴパイ »