« 鳴門の金時芋チョコサンド | トップページ | 金のつぶ におわなっとう »

ファントム 下

ファントム 上」に引き続き、「下」の感想です。

ファントム〈下〉 Book ファントム〈下〉

著者:スーザン ケイ
販売元:扶桑社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:

   作品全体ランク:

だいぶネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

5.「ナーディル 1850‐1853年(承前)」

ペルシャで皇帝(シャー)たちの退屈しのぎを請け負い、麻薬と殺人に溺れながらも、建築をはじめとした自分の天才的な技術の伸ばしていくエリック。しかし次第に彼は傲慢で愚かな皇帝たちに苛立ちを感じはじめ、ついには公衆の面前で皇帝を叱責してしまいます。

皇帝に逆らったものは容赦なく権力の座から落とされるのが風習のペルシャで、この行動は命取りでした・・・

6.「エリック 1856-1881年」

ついに人間的な喜びを愚かしい幻想として割り切り、人生を諦めてしまったエリックは、憎むべき生家をこの世から抹殺するために、数十年ぶりに故郷へと足を運びます。

壊れていると思っていた生家でエリックは、幼い頃、彼の面倒を母に代わって見てくれていた「マリー・ペロー」と再開します。彼女はエリックにある事を伝えました。その事実はエリックをより絶望の淵へと追いやるものでした。

その後、「ガルニエ」が「オペラ座」を建設するという情報を入手したエリックは彼に会いに行き、その建築に携わろうとします。結果として責任者の1人となったエリックは、滞る建設に自分の財力と能力を注ぎ込むと同時に、地下に自分だけの世界を作ることに成功するのです。

こうして「オペラ座の怪人」となったエリックは、1人の少女「クリスティーヌ」と出会います。決して上手ではない上、まるで魂のこもってない歌声のクリスティーヌですが、その声帯は完璧な能力を秘めていました。そしてエリックは次第に彼女に惹かれていくのです・・・

7.「エリックとクリスティーヌのフーガ 1881年」

父の死後、絶望という名の牢獄に囚われているクリスティーヌは、生前、父の言っていた「音楽の天使」が自分のところに舞い降りてきて自分を救ってくれるのを待っていました。それを知ったエリックはクリスティーヌの力になるために音楽の天使として声だけで彼女の前に現れます。

エリックのおかげで心の檻から開放されたクリスティーヌは、本来の才能をエリックの指導により開花させ、急速に実力をつけていきます。そしてエリックが用意した舞台で、クリスティーヌは大成功を収めるのです。

そんなクリスティーヌを見つめる男が1人。彼女の幼馴染で、新しくオペラ座のパトロンとなった「ラウール」でした。若くて美しい彼は、その真っ直ぐな想いでクリスティーヌに求愛します。

それを良しとしないエリックは、クリスティーヌの前についに姿を現し、彼女の地下の自分の世界へと導くのでした。音楽の天使だと思っていたエリックの正体に困惑しながらもエリックに惹かれ、同時にラウールのことが頭から離れずに悩むクリスティーヌ・・・

果たしてクリスティーヌの選択は・・・

8.「ラウール 1897年」

オペラ座の地下で起こったあの事件から十数年。ラウールは天才ピアニストとして活躍している息子の「シャルル」とともにオペラ座にやってきました。

そして2人は、かつて「オペラ座の怪人」の指定席だった5番のボックス席へと向かいいます・・・

部屋主の感想

「ナーディル」編の感想ですが、物語的には「上」の「ナーディル」編と同じくたいして面白くはないです。

ですが、自分が毒殺されかかった時のエリックの態度や、ナーディルの息子「レイザー」の死、自分を慕ってくれていたレイザーを助けられずに哀しみと罪悪感に潰されそうになるエリックと、それをどうしようもなかったナーディル、そして、自分の命と引き換えにエリックを救おうとするナーディルとの友情と約束の場面と、見所はいっぱいです。

今後この約束を健気に守るエリックの苦悩が非常に熱いです。部屋主も約束事には異常に拘る性質なので、エリックの苦悩には非常に共感できます。己を苦しめる約束なんか破ってしまえば楽なのにと思うのですがそれができないんですよねぇ・・・(まぁ殺人なんで仕方ないですが、それ以外のこともここでは暗に約束させられたと思っています)。

続く「エリック編」は好きですね。母の真実と、運命の残酷さを知って絶望してしまうエリックの切なさには胸を掻き毟らずにはいられなくなります

また、ガルニエとの出会い時には、とある過去からの助けがあるのですが、ここはちょいとホロリときました。「モノレールねこ」のときにも書きましたが部屋主はこういうのに弱いのです。

いつも以上にごく個人的なことで恐縮なのですが、ここでは(というかここ以降)、エリックが「ファウスト」と自分をを重ねる場面がところどころあります。この「ファウスト」という作品は高校生の時に初読して以来、部屋主の性格形成への影響がけっこうあったりするんですよね。何度か部屋主自身の思考とファントムの思考が似てると書いてきましたが(これ以降はやたら共感する場面が多いですし)こういう点からも共通点があったみたいで実に興味深いです。

ここではあと、クリスティーヌに惹かれれていくエリックは痛々しいです。そして、男としてではなく、彼女の望む音楽の天使としてならその能力が自分にはあるという考えに至るあたりも泣けてきます

そしてようやく物語は「オペラ座の怪人」の本編に当たる、「エリックとクリスティーヌのフーガ」に入るのですが、ガストン・ルルーの原作小説よりも、映画版の「オペラ座の怪人」よりも、エリックやクリスティーヌの心の動きが巧みに描かれているので、とてもいい感じです。

クリスティーヌの声に出会ったときのエリックの怖がりようからはじまり、クリスティーヌも孤独と絶望を抱えていたこと、クリスティーヌの舞台の成功を見て生まれて初めて「これが幸福なのだろうか」と感じるエリックの姿には心をうたれます。

「幸福」を「幸福なのだろうか」と疑問系としか感じられないんですよ・・・なんて悲しいことでしょう。部屋主もずいぶんと幸福から遠ざかってる(と思ってる)人間なので、きっと幸福を幸福として感じられない、もしくは幸福として認識できない可能性があるので、このエリックの気持ちは痛いほどよくわかります。そのためにより幸せから遠ざかってるのがまた痛いです。

また、ラウールの若さと美しさに嫉妬し、同時に彼から一時の勝利を得ても、自分に対して恥辱と絶望を感じる様は読んでいて痛いです。何をやってもつきまとう絶望感を拭い切れないあたりも部屋主とそっくりなんですよ。ほんと読んでいて苦しいです。

クリスティーヌやラウールが光溢れる地上の住人であることと、自分が闇の住人であることに対する負い目のようなものも見ていて辛いです。もちろんこのへんも部屋主とそっくりだったりします。これもほんと辛いんですよね。特に恋愛関連においては・・・

なので、ウェディングドレスのエピソードなんか痛々しくて読んでられなくなります。望みながらも望んではいけないと自己嫌悪するエリックの姿は見てられないです。

でもって、普段は優しいのに、厳しくしなければいけないところは厳しくするあたりも素敵です。クリスティーヌを愛し、大事にする一方で、その才能を伸ばす努力を怠る彼女を叱責するあたり、エリックのカッコよさだと思います。

ただそれを優しさと感じつつも苦しくなるクリスティーヌが痛いです(エリックが癇癪持ちというような理由もありますが)。よかれと思ってやってることが常に裏目に出る。エリックの人生は常にこんな感じで泣けます・・・

そして、「オペラ座の怪人(映画版)」でももっとも切ない書いた場面へと物語は展開していきますが、ここはこの小説でも最も切ない場面の1つとなっています。

クリスティーヌがラウールに惹かれてることがわかっているので(というか元々エリックはクリスティーヌに対する想いはかなり複雑ですし)、彼女を手放す覚悟を決め、己の誇りとクリスティーヌの幸せだけを祈る心、それにクリスティーヌが自分との約束には誠実に応対してくれるという想いだけが、彼女との別れを可能にするとエリックは思っていました。

ただ、それと同時にほんの少しの期待をもって、かつて見限ったはずの神へ、クリスティーヌが自分のもとへ帰ってきてくれるのを子供のように切望するところは、とにかく痛くて痛くて・・・涙が溢れてきます。

神へ祈りを捧げようと少しでも高いところへと向かったオペラ座の屋上でエリックは、彼から少しでも逃れようとしたクリスティーヌとラウールの姿を発見し、クリスティーヌの裏切りを知るのです。ここの神の罰とクリスティーヌの裏切りに対する、数ページにわたるエリックの怒りと慟哭、そして真の「オペラ座の怪人」へと堕ちていく様は、涙なしでは読めません

クリスティーヌの裏切り行為は最低だと思います。ただ、この小説ではクリスティーヌのエリックに対する想いの揺れ動きも、非常に繊細に表現されています。原作や映画では、この辺に厚みがないので、どうにもクリスティーヌが嫌いになってしまうんですが、この小説を読むとそれなりに納得できてしまったりします。

悲しいけれど「あぁ、これは仕方ないな・・・」って。エリックを裏切った後のクリスティーヌの独白(↓に抜粋してあります)もかなり痛々しいですしね。実は愛し合ってるのにすれ違っているだけのようにも見えるんですよ・・・

これらの結果本物の怪物成り下がったエリックがクリスティーヌを誘拐しラウールの拷問にかける場面にうつるのですが、ここでもやはりエリックが悲しいです。徐々に自制が聞かなくなりながらの叫び、特に自分の蜘蛛を重ねたエピソードは痛いです。

そうやって嘆きながら、悪魔に魂を売っても結局は救われないことを感じはじめるあたりも痛いですね。どこに進んでもエリックには救いはなかったわけで・・・だけれどクリスティーヌを責めることしかできず、互いに落ちるところまで落ちていく感じはページをめくる手を止めたくなります。

そしてどん底にまで落ちた時のクリスティーヌの「何がお望みなの?」という質問に対するエリックの答えには愕然となりますそんなものがと思うと同時に、そんなものすら手にすることのできなかったエリックの人生を考えると涙が溢れて止まらなくなります・・・

そして、ラストの「ラウール」編の感想ですが、ネタバレするとあれなのであまり詳しくは書けません。ただ、かなり賛否両論のどちらかに分かれるかと思います。

部屋主個人としては、どちらかといえば否の方です。ファントムは映画版のラストのようでカッコよくあって欲しいと思うからです。あの態度こ「オペラ座の怪人」に相応しいと思います。

ただ、この小説版のラストでエリックは救われてると思うのですよ(もちろん映画版でも救われてるのですが、より一層という意味で)。そう考えるとこの結末も受け入れたくなるんですよね。

と、同時に、ラウールの人間的成長が素敵だったりします。同じ女性を「愛した」もの同士どこか通じるものがあるのでしょうかね・・・敵対関係にあったはずの男同士ののこういう隠れた友情のようなものはけっこう好きであります。

なおこの小説の評価には、部屋主の「ファントム(エリック)」贔屓が多分に入ってますので、いつも以上に独断的なランクになっております。

と、シャンデリアに巻き込まれて死んだ人はいなかったと思いたいところです。

この本の部屋主のグッときた台詞

苦痛などとんでもない・・・後悔の念に・・・この無念さに比べれば!」byエリック

毒を盛られ余命もって10日と宣告されたときの台詞です。苦痛よりも、建設中の宮殿がどうなるかが気になってる、完璧主義者の芸術家らしい彼の性格がよく出てる言葉かと思います。自分の苦痛よりも命よりも作品の完璧さを求めるエリックの姿が素晴らしいと思うのは部屋主だけでしょうか。

キミが何を信じようと、君には良心がある―そして今夜、私が君の良心の監視役になることにしたんだ。これから、どこへ行って何をしようとも、私の前に恥じないよう―それこそ君がこれからの一生をかけて支払う代償なんだ。もうこれ以上、決して、殺人をおかしちゃいけない」byナーディル

幼い頃から身にかかる火の粉を殺人という手法で解決し、殺人そのものへ何の躊躇もないエリックへ、自らの人生をかけて防衛以外の殺人をしないようにと約束させる場面のナーディルの台詞です。

これに対し、殺人を中毒だから止めるのは無理というエリックですが、「どんな中毒も克服しようという意志さえあれば克服できる」とバッサリ切り捨てるナーディルがまた素敵です。でもってまったくもってその通りだと思います。

罪の意識というのは、人間の中で一番悲しいものだ。しかし、愛情とは違って、それは、もつれた紐の中で抱き合ってる者たちに温かさを与えず、ただ燃え尽きるだけの火なのだ」byエリック

部屋主の主成分は、罪の意識とそれによる自己嫌悪と後悔なので、この言葉が身に沁みます。「続 氷点 下」の記事でも触れましたが、罪を自覚しているものは何をもって救われるのでしょうか。

私の愛は見せかけだけの壊れたつまらないおもちゃ―エリック・・・私などあなたの涙に値しないのです」byクリスティーヌ

なぜこうなるんでしょかねぇ・・・「この世で私があなたがに愛されたように愛された女はいないでしょう」とわかっていながら・・・

私は結婚式には行かないようにしている。~皆に出てくれと言われて困るのだが・・・。結婚式に行くとつい泣いてしまう。だから行かない方がいい、だが、招待状は大切にとってあるんだ―引き出し一杯招待状さ―」byエリック

こうせざるをえない人生を歩んできたことと、この発言をしたときのエリックの想いを考えるとホロリときます。

多分エリックはほほえんだのだと思う」byラウール

はっきりとしたことはちゃんと意識して読んでなかったのでわかりませんが、この物語の中でエリックが笑ったのはここだけのように思います。泣けると同時に、清々しさを感じました。ここで笑顔を出せる決断をしたエリックは素敵です。

ほとんど後悔もなく」byラウール

ここに「ほとんど」がついていてほんとにありがたいです。これが後悔もなくだと、どうにもしまらないと思うのですよね。

この本から部屋主が選ぶ格言

人間の罪悪のうちでもっとも悪い、情報不足の無知によって」byエリック

無知は罪なのかと昔真剣に悩んだことがあります。今のところ罪悪だという結論に達しています。ただ、知ってて何もしない(できない)のと、知らないとではどちらの方が罪悪なのかという問題ではずっと悩んでいます。

後悔ってのは、人の一生を飲み込み、破壊し、最後には惨めさと絶望だけにしてしまう」byエリック

その通りかと。部屋主は後悔型人間なのでよくわかります。ですので後悔しないように人は頑張らねばならないのだと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 鳴門の金時芋チョコサンド | トップページ | 金のつぶ におわなっとう »

コメント

うーん。
今の私にはちと痛いですね。
ポジティブに生きたいです。

投稿: 香奈 | 2007年2月26日 (月) 21時25分

>香奈さん
私もだいぶきつかったですが
こういうときに読むとやはり色々と考えることができまして・・・
やはりネガティブを選んでしまいます(^^;

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月26日 (月) 22時17分


こんばんは!
感想を読みにまいりました。本当に「オペラ座の怪人」と言う物語はきつい物語ですね。読書・・というより、何と言うか魂を鷲掴みにされたような苦しさを覚える作品です。
「幸福」を「幸福なのだろうか」と疑問系としか感じられないんですよ・・・泣けます。感情と言うものに翻弄された彼は単純な感情すら客体のように感じてしまうなんて・・。
「苦痛などとんでもない・・・後悔の念に・・・この無念さに比べれば!」という言葉も素晴らしいですね。芸術には無私で厳かな心を捧げ、何か美しい物を産み出したいと切望しているのがよく分かります。振り返ってみるとS・ケイは凄い描写力のある作家ですね!今回も素晴らしい感想ありがとうございました。

投稿: 奈々 | 2007年2月27日 (火) 00時55分

>奈々さん
こんにちは。
わざわざ感想を読みに来てくれて感謝です。
「オペラ座の怪人」はほんとに痛い物語ですよね。
単純な感情すら客体でしか感じられないのは
私も同じような特性があるので
エリックの嘆きはホントによくわかるんですよね・・・
芸術に対するあの態度もホントに素晴らしいと思います。
ここは私もエリックのようなりたいと思いました。
S・ケイはよくぞここまでファントムに
エリックという人格を与えてくれたと感謝であります。
今回も長い感想を読んでくれてありがとうございましたm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月27日 (火) 10時35分

深い・・・
本当に奥が深い作品ですね。
エリックの心の葛藤が伝わってきて、思わず唸ってしまいました。
エリックとクリスティーヌとの心のすれ違いも、
分かるような分からないような・・・

>普段は優しいのに、厳しくしなければいけないところは厳しくする。
愛しているからこそ、厳しくも出来るのですよね。
でも、その加減が難しい・・・

>よかれと思ってやってることが常に裏目に出る。
ってことになると、辛いですよね。
私の場合そうなると、人に対して臆病になってしまいます・・・
でも、それでいいのかと葛藤も生まれたりして・・・(ノ_-;)ハア…

うーん、ますます読んでみたくなりました。

投稿: caren | 2007年2月27日 (火) 12時06分

>carenさん
この作品はホントに深いですよ。
本編では私のこんな駄文よりもエリックの葛藤がやすれ違いが
圧倒的に巧みに表現されてます。
愛しているからの部分もあると思うのですが
個人的には美しいものをより完璧に表現したいという
エリックのこだわりのような面が強いように私は感じています。
エリック程ではないですが私もなんでも裏目にでる人間なので
この小説を読むとほんと凹んでしまいます。
是非とも映画とともにお楽しみくださいm(__)m

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月27日 (火) 12時51分

またまた熱の入った感想ですね。
私はルルーの原作しか読んでないので、
こちらも読んでみたくなりました。

投稿: あくびネコ | 2007年2月27日 (火) 13時28分

シンさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

ところでそのコメント頂いた本ですが、正直私のアタマのレベルでは紹介すべきではない類の本だったかと(汗)。

買った事をブログに書いたところ、複数の友人からせかされて、今日記事にしましたが、かなりわかりにくかったです。

値段も安くないですし、くれぐれも実物を見ずにカートに突っ込んだりしないで下さい。

ウチの職場は旧電通村にあるせいか、この手の本が、フツウに平積みで置いてあるんですが(汗)。

投稿: smooth@マインドマップ的読書感想文 | 2007年2月27日 (火) 13時57分

>あくびネコさん
お気に入りの本だとやはり気合いが入ってしまいますね。
中でもこの作品は主人公が自分とかなり重なる部分があるので
いつも以上に熱く語ってしまいました。
正直、ルルーの原作よりかなりいいと私は思いますので
是非ともこちらもどうぞと思います^^

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月27日 (火) 13時59分

>smoothさん
コメントありがとうございますm(__)m
そんなに難しい本なんですかね。
逆に難しいと燃えるタイプだったりです。
とりあえず値段はかなり切実なので
よく考えてから選んでみたいと思います。
それでは今後ともヨロシクであります。

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月27日 (火) 14時16分

「オペラ座の怪人」映画を観ていて、ファントムの生い立ちについては考えたことありませんでした。
簡単に、生まれたときからあそこに居た?くらいしか。

紹介文を読んでいると、エリックの生涯で救われる時がほとんどないというのが・・・辛いです。

見た目で判断される。
もし、目の見えない人がいたなら。

たらねばを言っても仕方ないですが、どうしても救いを探してしまいそうです。

見かけたら読んでみたいですが、読後にしばらく落ち込みそうですね(^^;

投稿: 陸抗 | 2007年2月27日 (火) 16時07分

個人的には美しいものをより完璧に表現したいという
エリックのこだわりのような面が強いように私は感じています

同感です。彼が自分以上に愛していたのは「美」なんだと思います。

投稿: 奈々 | 2007年2月27日 (火) 16時11分

>陸抗さん
オペラ座の怪人の映画や原作だと
なぜそうなのか、なぜそうなるのかが描ききれてないのですが
この小説はそこに焦点が当たっていて
それが非常に巧みに表現されているのですよ。
個人的にはエリックは報われないけど
クリスティーヌへの愛を貫くのが美しいと思うので
この小説のラストは正直気に食わないのですが
エリックの人生は無駄ではなかったと思わせてくれるので
それはそれで否定はできないんですよね。
この小説は実に素晴らしいと思うので
見かけたら是非とも読んでみてくださいね。
もちろん凹むかも知れませんが、
それに勝る感動を与えてくれると思います。

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月27日 (火) 18時24分

>奈々さん
奈々さんもやはりそう思いますか。
こういう自分よりも、
自分の信念という絶対的なものを大事にするという決意が
エリックの魅力なのだと思います。
何よりも譲れないもの、何よりも譲ってはいけないもの、
それを持ってる人間は美しいと思います。
そして自らの美意識のためなら命も愛もいとわないエリックゆえに
私は彼を尊敬し、彼のように生きたいと思います。

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月27日 (火) 18時29分

こんばんはー。
前回同様、すごく力が入った感想ですねぇ。
エリックの心の動きや痛みをすごく理解してる感じがしました。
シン殿さすがです。。
ますます興味が湧きましたよ。
最近、全然読書が進んでない私ですが
熱が冷めないうちに読んでみたいと思います☆

投稿: mixbabar | 2007年2月27日 (火) 21時00分

>人間的な喜びを愚かしい幻想として割り切り、人生を諦めてしまったエリック

んー。
上巻のレビュー読んでも感じたところですが
やっぱりそうなっちゃうんだなぁ・・・。
客観的には"踏みはずしてしまった瞬間"であったとしても
そこに至る心理を考えると
安易に笑ったり否定したりできるはずもなく
ただただ悲しい思いで傍観するしかないのでしょうか。

投稿: 月下 燕 | 2007年2月27日 (火) 21時24分

>babarさん
良い作品の良さを少しでも伝えようと頑張ってみました。
とはいえ、私の駄文ではどこまで伝わったかが心配
かつ間違った表現の仕方をしてないかと常にドキドキしております。
とりあえず、小説はこんな紹介記事よりも素晴らしい作品なので
熱が冷めないうちにポチっと購入しておくです☆
もちろん本屋さんでもOKであります(人´∀`).☆.。.:*

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月28日 (水) 10時24分

>月下燕さん
そこから救われる道も何度かあったのですが
つくづく運命の悪戯に弄ばれた感じはありますね。
何度も堕ちて神を呪っても、諦めきれずに空を見上げ、
それに憧れるエリックの葛藤には心を打たれますね。
傍観するだけでなく、手を差し伸べてあげたいですが
半端なことでは彼の気持ちをひくことなんて・・・
自分の命や人生と引き換えでないとダメなので。
ただ、エリックの人生はろくでもないこと続きでしたが
母親の愛情、ジョバンニとの師弟愛、ナーディルとの友情、
そしてクリスティーヌへの愛と、
決して暗いだけのものではなかったと私は信じたいです。

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月28日 (水) 10時31分

こんにちは。

エリックと言う名前について少々・・・

ちょっとこの情報はお耳に入れたくて。

<半端なことでは彼の気持ちをひくことなんて・・・
自分の命や人生と引き換えでないとダメなので>

そうなんですよね、彼の心を震撼させるにはそういう覚悟が必要ですよね。そういう覚悟がマドレーヌに芽生えた時には・・・皮肉です。

特にナーディルとの友情には救われていますよね。

名前についてはお友達のHPからなので読みましたら、このコメントは消してくださいね(^^)


投稿: 奈々 | 2007年2月28日 (水) 11時54分

>>奈々さん
こんにちは。
エリックの名前にそんな解釈もできるとは驚きました。
ご希望のようですのでその部分だけ削除させてもらいますね。

>そういう覚悟が必要
その覚悟なしに彼の心に触れようとするのはいかんとも思います。

>そういう覚悟がマドレーヌに
そうなんですよね。
上巻の感想のとこにも書きましたが
ここは本当に辛いところですよね。

>ナーディルとの友情
どれだけ彼との出会いがエリックとってかけがえのないもか・・・
クリスティーヌ同様、エリックの人生に
一筋の光明をといった感じかと思います。

投稿: シン@部屋主 | 2007年2月28日 (水) 13時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファントム 下:

« 鳴門の金時芋チョコサンド | トップページ | 金のつぶ におわなっとう »