« 弾 かき揚げうどん | トップページ | 祭太鼓 しぐれカツ丼+ゴボウサラダセット »

12月に読んだ本

皆様の暖かいコメントいつも感謝しております。PCが直り次第コメント返し&ブログ巡り&ポチっと応援させてもらいにいきますのでそれまでお待ちくださいませ。

アーモンド入りのチョコを食べていたところ、アーモンドが歯にささって(?)妙に痛いといった具合に相変わらずついてないのですがあんまり鬱々とするのもあれなので、本日はここ一ヶ月ほどで読んだ本についてごく簡単に紹介したいと思います。

1、「刑法三十九条は削除せよ!是か非か」

刑法三九条は削除せよ!是か非か Book 刑法三九条は削除せよ!是か非か

著者:呉 智英,佐藤 幹夫
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

刑法39条について、何人かで書いてるタイプなので、中にはおかしいと思う場合もありますが(ラストの2人の考えが特に)非常に勉強になりました。皆様にも是非とも読んで色々と考える材料にして欲しいと思います。

2、「ワーキングプア」

ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る Book ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る

著者:門倉 貴史
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この程度なら実際にワーキングプアの部屋主の方がもっとつっこんで書ける気がします。でもこういう言葉を知らない人には読んでおいて欲しい1冊です。

3、「日本の自治・分権」

日本の自治・分権 Book 日本の自治・分権

著者:松下 圭一
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブログ友達の一人「シタン先生」さんにオススメしてもらった本だけあって面白かったです。最初はいまいちな感じでしたが、後にいけばいくほどじわじわと興味深くなっていきました。

4、「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」

スピリチュアルにハマる人、ハマらない人 Book スピリチュアルにハマる人、ハマらない人

著者:香山 リカ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主的には嫌いな「香山リカ」さんの本なのですが、アンチ・スピリチュアルな部屋主としましてはようやくきたスピリチュアル批判でしたので購入しました。批判本としてはかなり微妙ですが、スピリチュアルにハマってる人は読んでみるのもいいかと思います。

5、「氷点 上」「氷点 下」

Book 氷点 (〔正〕 上)

著者:三浦 綾子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 氷点 (下)

著者:三浦 綾子
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先月末にTVで放送されていたので、久々に読んでみました。なかなか考えさせてくれる小説かと思います。ただ、以前に読んだときよりも部屋主自身が成長したためなのか、前に読んだときより微妙な感じです。

6、「セックス・ボランティア」

セックスボランティア Book セックスボランティア

著者:河合 香織
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前から読んでみたかった本が文庫になったので購入しました。少々物足りない感はありますが(ケースにかたよってる感じがするので)、障害者の性について色々と考えさせられる良い本だと思いますので皆様も読んでみてください。

7、「魂の森を行け 3000万本の木を植えた男」

魂の森を行け―3000万本の木を植えた男 Book 魂の森を行け―3000万本の木を植えた男

著者:一志 治夫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「植物生態学者・宮脇昭」さんの人生を描いた本ですが、とても面白いです。彼の素晴らしい生き方を考えると、自分の人生がこれでいいのかと凹みました。

8、「世代間最終戦争」

世代間最終戦争 Book 世代間最終戦争

著者:立木 信
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ただ今読んでる最中なのですがとても今のところとても面白いです。上の「ワーキングプア」同様、ずっと前から部屋主が考えていたことについて書いてあるのですが、こちらはまだまだ部屋主には書けそうにないといった印象です。

ごく簡単に書くと、恵まれた老人と搾取される若者との格差について書かれた本です。まだ途中なので総合的な評価はまだなんともですが、現時点では色んな世代の人に読んでもらって色々と考える材料にしてほしいと思います。

とまぁこんな具合であります。気になった方は、当ブログの左サイドバーにあるアマゾンから購入してみておくれであります。1,500円以上のお買い上げで送料無料となりますので。と、商売っ気を出してみました。もしくはこの記事内の画像をクリックでも購入可能であります。

|

« 弾 かき揚げうどん | トップページ | 祭太鼓 しぐれカツ丼+ゴボウサラダセット »

コメント

以前から思っていましたがすばらしい位に本がお好きなんですね。尊敬します☆私なんて雑誌すらあまり読まないので本代は年に2,3000円くらいです。。。

投稿: EMI | 2006年12月29日 (金) 15時16分

いくつか気になる本がありますね。
でも、最近絵本とDSで時間が・・・。
冬休み終わって子どもがいなくなったら、
また長編も読みたいと思います(^^;

投稿: あくびネコ | 2006年12月29日 (金) 17時43分

おおー!たくさん読んでますねーー!!
すごーい!
「氷点」、「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」
気になる本です。
ああー、ゆっくり本が読みたいです。(T0T)

それと・・・
今年一年、楽しいコメント&ポチッ☆
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いしまーす♪

投稿: caren | 2006年12月29日 (金) 18時23分

『刑法三九条は削除せよ!是か非か』
『セックス・ボランティア』
の2冊はぼくも読もうと思って既に購入しているのですが、
最近何かとあわただしく読書ペースが
かなり落ちています・・・。
読もうと思って積んだままの本が30冊くらい
山になってて読むペースより買うペースのほうが
上回ってきているので山が減りません。
やばいなぁ・・・。

投稿: 月下 燕 | 2006年12月29日 (金) 22時02分

お久しぶりです^^

色々読んでいらっしゃいますね☆僕も刺激になります!!

現在読んでいる本をやっつけたら、格差(またはワーキングプア)についての本も、もう一度読みたいですね。「ワーキングプア」、チェックしておきます。

ではではノシ

投稿: シタン先生 | 2006年12月29日 (金) 22時57分

『魂の森を行け―3000万本の木を植えた男』は以前から気になっていた本で、既にアマゾンの買い物かごの中に入ってますが、改めてこのブログ経由で入れ直します。

先日C.W.ニコルさんの講演を聞いて植林の大切さを知りました。私も何とかお手伝いをできないかと検討しているところです。

話は変わりますが、私もスピリチュアルは大嫌いです。家族が好きでTV番組を見たがりますが、私が露骨に嫌な顔をしますので、ビデオに撮って私がいない時に見ているようです。

投稿: じっちゃん | 2006年12月30日 (土) 06時23分

シンさんおはようございます(^○^)
ワーキングプアーという言葉は知らなかったです。
私はワーキングしていないからプアーなんですよ~♪
最近江原さんを崇拝する方を「エハラー」と呼ぶそうですね。
スピリチュアルなことって、確かにあるような気がするのですが、はまりこんでいく人にはひとつの傾向はあるのかなあと感じます。
精神科医の香山さんの考えをぜひ読んでみたいです。

投稿: みえこ55 | 2006年12月30日 (土) 07時00分

今年も今日と明日になりましたね。
いつも励ましのコメントをいただいて本当に有難うございました。
私もシンさんのように本をたくさん読んで、勉強したいなあと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
良いお年をお迎えください(*^^*)

投稿: みみこ | 2006年12月30日 (土) 07時42分

『刑法39条は是か非か』、『セックスボランティア』、『スピリチュアルにはまる人・はまらない人』が気になります。
最近本を読む気が失せていて困ります。
生活に支障をきたす訳ではありませんが、読書の習慣が抜けかけているのかもしれません。
来年になったら読書熱も復活するでしょう。自信ないけど。
来年も渾身の読書レビューを楽しみにしておりますと過剰な期待を押し付けて去ります。

投稿: イーゲル | 2006年12月30日 (土) 08時10分

氷点。もう何度も読んでいますが・・
先日ドラマになった事もあり改めて読みました。
何度読んでも素晴らしい本です。
ですので、息子にも勧めました。
時代を超えて受け継がれて欲しい一冊です。

アーモンド歯にささる。
これには笑いましたよ♪

投稿: 凛* | 2006年12月30日 (土) 09時10分

>EMIさん
やはり本は読まないといかんと思いますよ。
民主主義社会では色んなことを考えることが
義務だと私は考えいますので^^
これを機会にEMIさんが読書に目覚めてくれると
とてもうれしいと思います^^

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時03分

>あくびネコさん
絵本はともかくDSには時間とられますよね。
私も最近ゲームしてないので
またじっくりとやりたいものです。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時05分

>carenさん
氷点は名作ですの買って損なしですよ^^
スピリチュアルも内容は薄いですが
読んでおいて問題なしかと思います。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時08分

>月下燕さん
その両方ともを購入済みとはさすがですね。
両方とも個人的にはB評価ですが
かなり考えさせてくれる内容だと思いますので
早めに読んでみることをお勧めします。
にしても積み本が30冊もあるとは
かなりうらやましいような厳しいようなで^^;

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時11分

>シタン先生さん
お久しぶりです^^
刺激を受けてくれて感謝であります。
そういっていただけるとこちらとしても
やる気がでます。
と、ワーキングプアよりも世代間最終戦争の方が
かなり面白いと思いますよ。
最近読んだ本の中ではNO.1かと思います。
というか私の気持ちをより高いレベルで
代弁してくれるような本であります。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時13分

>じっちゃんさん
ご購入予定感謝感激であります。
そこもですが、森林の大事さを考えてくるようにで
そこもとてもうれしいです^^
私も何かやりたいのですが、
なんともかんともでございまして。
と、じっちゃんさんも
アンチスピリチュアルでしたか!
それもとてもうれしいです。
私はこのスピリチュアルの増長も
なんとかしたいのですがそれも難しくて…

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時17分

>みえこ55さん
ワーキングプアの意味はまったく逆で
いくらワーキングしてもプアな
私のような人間の層のことです。
これは非常に難しい構造的な問題なので
ぜひともこれを機会に考えていただける
とてもありがたいです。
と、スピリチュアル的なものというか
人間には理解しがたいことはあると思いますが
それをうまく利用して商売してる輩は
どうかと思ってる感じです。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時24分

>みみこちゃん
勉強はしておいて損はないですし、
本も読んでおいて損はないと思いますよ。
もちろん中にはろくでもないのはありますが^^;
お互いこれからも頑張って行きましょう^^

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時25分

>イーゲルさん
気になったのなら是非ともご購入を。
その三冊は読んでおいて損はないかと思います。
読書習慣はそんな風になるときありますよね。
私もスランプ状態の時があります^^;
過剰な期待にできるだけ頑張ってこたえていきたいと思いますので今後ともよろしくです。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時27分

>凛さん
氷点は名作ですよね。
個人的には続・氷点の方が好みだったりします^^
是非とも色んな人に読んでほしい本の一冊です。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 02時29分

シンさんのシタン先生さんへのコメント返し読んで、
たった今『世代間最終戦争』注文しました☆
未読の山に埋もれさせないよう
届いたらすぐ読みたいです (〃▽〃)

投稿: 月下 燕 | 2007年1月 4日 (木) 02時43分

お久しぶりです。
とりあえず、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいしますヘm(_ _)m
スピリチュアルはキモイですね。
はまってる奴は、もっとキモイです。
気になってる本だったのですが
中身は薄っぺらいのねw
立ち読みでペラペラどまりにしときますw

投稿: お局様 | 2007年1月 4日 (木) 16時02分

>お局様さん
おひさしぶりです。
そしてあけましておめでどうございます^^
こちらこそあけましておめでとうございます。
でもってスピリチュアルに関するご意見は
まったくもって同じであります。
中身は正直かなり薄いですが、
逆にハマってる人には最初はこれくらいまろやかにやらないといけないのかなと思います。
ただ、この人自身が流行を利用してる感がいつもありますので買うのはかなりしゃくだったりです。

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 16時15分

>月下燕さん
ご購入感謝であります。
中にはこれはいけるのかってのもありますが
面白い案がてんこ盛りです^^
特に搾取されてる感の強いわたくしにとっては
よくぞ書いてくれた的な内容であります☆

投稿: シン@部屋主 | 2007年1月 4日 (木) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月に読んだ本:

» 弱者の衣をまとった既得権者(前編) [月下 燕 の 日記 ~ a swallow under the moonlight]
立木信『世代間最終戦争』(東洋経済新報社) 近い将来の日本の社会保障制度の行き詰まりが 確実かつ深刻であることを仕事柄日夜感じています。 そんな懸念の中で読んだ本書は 世代間搾取ともいうべき格差について きれいごとではない赤裸々な実態と 問題を先送りし、改革を骨抜きにしてきた者たちの罪深さ、 そして具体的な意識改革や政策提言を行っています。 かたい話になってしまいますが、 知ることによって未来を変える可能性や希望が生まれてくると思っています。 最後までおつきあいいただ... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 23時47分

« 弾 かき揚げうどん | トップページ | 祭太鼓 しぐれカツ丼+ゴボウサラダセット »