« ひじき入り納豆 | トップページ | そして殺人者は野に放たれる »

みたらし団子グミ

気になったので購入しました。

Cimg2271名前:みたらし団子グミ E:188.3kcal

捕獲場所:ローソン 内容量:50g

値段:105円 製造:ノーベル製菓

部屋主の独断ランク:D

うーん、かなりいまいちです。部屋主のみたらし団子は好きですが、みたらし自体はさほど好きではないのが影響してる可能性はありますが。とりあえず団子風味のグミも微妙ですし、中もみたらしダレも微妙です。とりあえず面白いといえば面白いのですが。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

|

« ひじき入り納豆 | トップページ | そして殺人者は野に放たれる »

コメント

いまさっき長野から帰宅してこれから授業です…
このグミはうまいかまずいかでバイト先で話題になりました。
ちなみに私はこの商品は許せる派でしたね。

投稿: ASUKA | 2006年11月13日 (月) 17時10分

やっぱり、みたらし団子はみたらし団子のままがいいです☆

そういえば先日、「チロルチョコ きなこもち」食べました!
おいしかったですぅー(^◇^)

投稿: caren | 2006年11月13日 (月) 18時05分

なんか発想が色々とすごいですねぇ!
お団子をグミにしちゃうのかァ・・・。

他の味とかも作っちゃえば良いのに!!
例えば、ゴマ団子とか、醤油団子とか、きなこもちとかとかッ

投稿: | 2006年11月13日 (月) 18時58分

こんばんは。これ食べました。
感想はおいしかった!
電車の中で食べたのですが、
絶対みたらしだんごを食べることができない場所での、この団子グミ。
代用品としては充分合格だと思いました。
まぁどうしても食べたいという時は今まで一度もありませんが…。
大阪のおみやげで、みたらしだんごの逆発想のものをもらったのですが(だんごの中にたれ)、あれはもっとおいしかったです。

投稿: かえる | 2006年11月13日 (月) 19時45分

不思議なお菓子ですね。でも一度は食べてみたい気にさせられる…職場でみんなで食べようかな。

投稿: ちきちき | 2006年11月13日 (月) 20時47分

>ASUKAさん
出張&授業お疲れ様でしたm(_ _)m
私も許せますし、なにより発想は買うのですが
味としてはイマイチでした。

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月13日 (月) 21時42分

>>carenさん
まさに一行目の通りの一品ですね(^^;
>チロルチョコきなこもち
お口にあったようで嬉しいです^^
私がつくったわけではもちろんないですが。

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月13日 (月) 21時45分

>姫ちゃん
ほんとこの発想には驚きました。
でもって、わたくしこういう妙なの好きなのですよ^^
みたらしは微妙でしたが、
きなこやあんこはいけそうな気がします☆

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月13日 (月) 21時48分

>>かえるさん
すでに食されてましたか。
私は微妙に不合格といった感じですね。
>大阪のおみやげ
そんなのがあったとは・・・
存在は知りませんが美味そうですね^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月13日 (月) 21時53分

>ちきちきさん
まさに一度は食べてみたくなる商品です。
個人的にはあまり美味しくはないですが
面白いので是非と思います^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月13日 (月) 22時04分

あ、これ先日食べました(笑)
グミっていうより ホントおダンゴだと思いましたね~
白玉みたい(^^)おいしいかといわれると微妙でしたが(笑)

投稿: oshiki | 2006年11月13日 (月) 23時56分

>oshikiさん
すでに食べていたとはさすがです。
私はそんなに団子っぽく感じなかったんですよね。
まぁそのへんは好みの問題かと思いますが^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月14日 (火) 00時32分

うわ^これは微妙ですね みたらし団子をグミで口のなかに味わいたいかってとこですよね
でも一度どんな感じか食べてはみたいです

投稿: きりり | 2006年11月15日 (水) 11時17分

>きりりさん
コメントを読む限りでは賛否両論っぽいですよ。
きになったのなら是非ともお試しあれです。
話のネタに食べておくこともいいかもですね^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年11月15日 (水) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みたらし団子グミ:

« ひじき入り納豆 | トップページ | そして殺人者は野に放たれる »