« 北海道ポテト うに味 | トップページ | まるごとはーす »

十三番目の人格-ISOLA-

貴志さんの作品はけっこう読んでるのでるのに、デビュー作のこれをまだ読んでなかったので買ってみました。

Cimg2131

Book 十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA

著者:貴志 祐介
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:D

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

人の強い感情を読み取ることのできる「エンパス」という超能力を持つ「加茂由香里」は、阪神大震災後の被災者の心のケアをしていました。由香里はその能力を活かして仕事をしていたので、20歳そこそこという若さなのに、被災者にもボランティア仲間からも評判が高まりつつありました。

そのため、由香里に西宮の病院に長期入院中の「森谷千尋」という少々問題のある少女に会ってもらえないかという依頼が入ってきます。普通の人から見ると奇妙というレベルの少女でしたが、由香里には千尋の中に複数の人格が存在していることがわかるのです。

あらゆる人間の悪意が流れ込んできてしまうというエンパスの能力のため、一時は精神病院にも入院し、自殺を図ったこともある由香里は、目立つことは極力したくないと思っていたのですが、千尋をどうしてもほおっておけませんでした。

次第に打ち解け、いくつかの人格とは仲良くなり、人格統合も夢ではないと思いはじめた矢先、震災後に生まれた千尋の中に「ISOLA」という殺意の塊のような人格が存在するのを由香里は確認します。

不安を感じながらも仕事の都合上東京へ帰っていた由香里が再び関西に戻ってきたとき、千尋を虐待してきた養父、強烈に叱った教師、虐めていた同級生が次々と変死していたのを知ることになるのです・・・

部屋主の感想

面白いといえばけっこう面白いのですが、多重人格という設定にあまりリアリティが感じられないと(ほんとに存在するかがかなり疑問)、カウンセラーとかいう職種にあまり良い感じをもっていないという(なぜかはまた別の本の紹介のときにでも。簡単に一つだけ言うとこの人種が何かの責任を取ったところを見たことないからです)部屋主の個人的な感情から、いまいち物語に入り込めませんでした。

登場する人物に魅力的なキャラがいなかったのも理由の一つかもですね。主人公である由香里や、臨床心理士の浩子、大学教授の真部など、主要キャラがことごとく気に食いませんでした。

中でも気に食わなかったのが恋愛要素ですね。よくわからんですし、すげぇうすっぺらいのです。何を表現しようと著者は考えたのでしょうか。おそらくは嫉妬なのだと思うのだけれど部屋主には少々理解できませんでした。まぁ部屋主があまり恋愛感情がよくわからんという人間であるという個人的特質からかもしれませんが。

ISOLAという名前の謎存在理由の謎を解いていくという話でもあるのですが、これまた拍子抜けでした。存在理由はそれでいいとしても、名前の方はそれかよって感じでしたので少々ゲンナリしました。

次いで怖さですが、ほとんど怖くないないです。由香里が受け取ったISOLAの映像を想像するとちょっと気持ち悪いかもっていうくらいかもですね。それに追われる場面に少々緊張感があるくらいです。

分厚い割に、テンポが良くサクサクと読めるのは+ポイントですかね。あと、ラストの余韻のみホラーらしくて悪くはないと思います。でも総合評価としましては今まで読んだ貴志さんの作品の中では一番低いレベルではないかと思いました。ちなみに今まで読んだ彼の作品は「天使の囀り」「硝子のハンマー」「青の炎」「クリムゾンの迷宮」「黒い家」といった感じです。また暇な時にでも読み直したときにレビューしたいと思います。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« 北海道ポテト うに味 | トップページ | まるごとはーす »

コメント

シン@哲学さんこんばんは~♪
シンさんは本当にいつも様々なジャンルの本をお読みですね。
私も以前ホラー小説にハマって読みふけったことがありますが、
家事や子育てがおろそかになるので、最近は読めなくなりました。
魅力的なキャラがいないというのは致命的ですね(^^♪

投稿: みえこ55 | 2006年10月 7日 (土) 21時06分

>みえこ55さん
かつてはもっと色んなジャンルの本を読んでたのですが、最近はとっぷりホラーでして(^^;
また、ホラーゾーンを抜けたしたらまた別の本を紹介していきたいと思いますので、またコメントよろしくお願いいたしますです^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月 7日 (土) 22時40分

こんばんわー。

貴志祐介は何冊か読みましたが、本書は怖さの面でも、ストーリー・キャラクターの魅力でも特筆するものがなく、空々しい会話が多く、全体としてかなりどうでもいい感しか残りませんでした。
「13番目の人格」といっても、そこまで描き分けるつもりも必要もないのもがっかりでしたね。

ちなみに、角川ホラー文庫では桐生操『美しき拷問の本』が秘かな愛読書です(笑)

投稿: 月下 燕 | 2006年10月 7日 (土) 23時32分

>>月下燕さん
こんばんは^^
月下燕さんも同じような感想でしたか。
やっぱりそうですよね^^
>13番目の人格
ほとんど必要なしでしたからね(^^;
ほとんど登場もしなかったし・・・

>桐生操
彼女の本は「やんごとなき姫君たちの~シリーズのどれかと、美しき~シリーズのどれかを学生時代に読んだ記憶がありますね。
実家の本棚にたぶん眠ってるはずです(^^;

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月 7日 (土) 23時47分

細かいとこ確認しようとぱらぱらめくって、結局はじめから読み返しちゃいました。
あぁぁ・・・。
改めての感想ですが、
全体を通してかなり不愉快でした。

震災も
精神病理も
バウムもロールシャッハも
ただの雰囲気づくりのための
びっくり箱的小道具としてしか
扱わない著者の無神経さにうんざりしました。

創作の世界は何でもありだと思っていますので、別に何の罪のない子どもが惨殺されようが善意の人が陵辱されようが構いませんが、それでもやっぱり美学のないただの傲慢な物書きさんは好きになれません。

って、ただの個人的な嗜好ですね。
人様のコメント欄で勝手なこと語ってすみませんでした・・・。

投稿: 月下 燕 | 2006年10月10日 (火) 21時11分

むぅ。
二重投稿になり申しわけありません。
最初のコメントを消していただけると幸いです。
失礼いたしました。

投稿: 月下 燕 | 2006年10月10日 (火) 21時14分

>月下燕さん
わざわざ読み直しての
気合の入ったコメントありがとうございますm(_ _)m
私の場合、臨床心理学の知識とそれの胡散臭さを知ってるだけに、終始むずむずしてました。
正直この作品がホラー大賞佳作とは正直凹みます。
この設定だともっと面白くできると思うんですけどね。
全体的に甘いのはやはりデビュー作だからでしょうか。

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月11日 (水) 04時45分

>>月下燕さん
>二重投稿
私もたまにやりますので謝らなくてもOKですよ。
ちゃんと削除しておきましたので^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月11日 (水) 04時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/3661310

この記事へのトラックバック一覧です: 十三番目の人格-ISOLA-:

« 北海道ポテト うに味 | トップページ | まるごとはーす »